ニュース
» 2020年01月21日 17時23分 公開

NTT、タイトーなどと組みeスポーツへ参入 秋葉原UDXに専用施設をオープン、「闘神祭」の主催も

NTTアドなどの関連会社とスカパーJSATも参加。おのおのが得意分野を担い、イベントの運営や人材教育などを行います。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTTがeスポーツ事業への参入を発表しました。関連会社やスカパーJSAT、タイトーとの共同出資で新会社「NTTe-Sports」を1月31日に設立し、イベントの運営や人材教育のサポートといった事業を展開します。


公式発表 新会社の株主は、NTT東日本、NTTアド、NTT西日本、NTTアーバンソリューションズ、スカパーJSAT、タイトーの6社。NTT東西のネットワークやICT技術を軸に、各社が広告や映像配信、大会運営などの役割を果たします

 事業の運営においては、秋葉原UDXにeスポーツ施設を開設し、eスポーツの総合プラットフォームを構築。遠隔実況やAI解説などによるエンターテイメントショーケースを提供し、将来的には各地を盛り上げるリーグ立ち上げも構想しているとのことです。

 イベント事業の1つとして、タイトーと提携。2015年度から開催されてきた大規模大会「闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-」を共催します。


闘神祭 闘神祭

 教育事業においては、サードウェーブと連携し、教育機関に対するeスポーツの浸透を推進。同社の提供する「eスポーツ部発足支援プログラム」について共同で提供拡大を図るとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.