ニュース
» 2020年01月21日 16時27分 公開

ホスト対決番組「欲望の塊」企画者が“参加料”2000万円を持ち逃げ 放送した東京MXは「重大な問題と認識」

優勝したホストには高級車が贈られるはずでした。

[ねとらぼ]

 東京MXテレビが2019年1月〜3月に放送した番組「欲望の塊」にて、「番組出演広告宣伝費」として出演者から1人あたり約150万円を徴収していたことや、報酬が未払いとなっていることが明らかになりました。

 東京MXテレビは公式サイトにて事態を説明する文書を公開し、「本番組は、外部からの企画持ち込み及び制作により放送したもので、当社が制作著作権を保有しない番組でありますが、放送責任は当社にあると考えております」「ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。


バラエティ番組「欲望の塊#1」より


 問題となった「欲望の塊」は、外部の企画者から東京MXテレビに持ち込まれたバラエティー番組。総勢十数人のホストが2000万円相当のスーパーカーを賭けてさまざまな競技に挑戦する内容で、出演したホストらは「番組出演広告宣伝費」として制作会社に1人あたり約150万円を支払っていたといいます。

 事件が発覚したきっかけは、優勝者である一陸斗(@HajimeRikuto)さんの告発です。放送から1年近く経過しても優勝賞品のスーパーカーを受け取っていないこと、それどころかプロデューサーと音信不通になっていることなどが明かされ、大きな話題となりました。

 のちの報道により、番組中で司会を務めた山本圭壱(極楽とんぼ)さんらタレントへのギャラが未払いであることも発覚しています。



 出演者から「番組出演広告宣伝費」を集めてまで制作された同番組でしたが、実際に行われた種目は「椅子取りゲーム」や「三輪車競争」など低予算で行えるものばかり。

 編集部の取材に対し一陸斗さんは「テレビ番組なのにYouTube以下のような現場でしたので、『適当すぎないか?』と不審に思いました」と撮影当時の様子をコメントしています。


番組の一場面(「欲望の塊#12」より)

 事件について東京MXテレビは事態を説明する文書を公開しています。番組企画会社へ事実確認するも、現在、連絡が取れない状況にあるとのこと。全文は以下の通りです。


番組「欲望の塊」について

 2019年1月〜3月の深夜(毎週火曜27時10分〜27時40分)に当社で放送しました番組「欲望の塊」をめぐり、優勝賞品の出演者への受け渡し、タレントへの出演料及び制作会社への制作費の支払いが番組を企画した会社からなされていないことを当社調査において確認いたしました。

 本番組は、外部からの企画持ち込み及び制作により放送したもので、当社が制作著作権を保有しない番組でありますが、放送責任は当社にあると考えております。

 一連の報道で指摘されている出演料(宣伝費)とされる150万円については、当社は把握しておらず、番組内における表記もありませんでした。

 従いまして、当社では代理店の会社登記確認と番組内容について台本と納品された完成品(完パケ)の考査などを実施し、放送に至った経緯にあります。しかしながら、制作過程のチェックや優勝賞品の受け渡しが完了したのかを確認するべきだったと反省しております。

 また、放送終了後の昨年4月以降、代理店から優勝賞品に関するトラブルがあるとの連絡は当社になく、今回の事態を把握出来ておりませんでした。

 番組冒頭で紹介された優勝賞品である高級外車は、当社の調査の結果、所有権が番組企画会社に移転されていないことが判明しましたが、番組企画会社へ事実確認するも、現在、連絡が取れない状況にあります。

 当社といたしましては、放送局の責任として今回の事態を重大な問題と認識しており、引き続き事実確認の調査を進め、番組企画会社と関係当事者との間の解決に向け努力してまいります。

 合わせて再発防止のための管理体制の強化について検討を進めてまいります。

 出演者の皆様、関係者の皆様を始め、視聴者の皆様には、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

2020年1月21日

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10