ニュース
» 2020年01月22日 08時00分 公開

21万フォロワーのTwitterユーザー、スーパーの対応に不満で店長をさらす→店長への支援が殺到し300万円以上が集まる

横柄な消費者を対応した従業員に支援が集まりました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 「電動歯ブラシを1セント(1円程度)で売ってくれなかった」と、顧客にTwitterでさらされたスーパーの店長に支援が集まっています。彼女のために立ち上げられたクラウドファンディングプロジェクトに、休暇を過ごしてもらうための見舞金3万ドル(約330万円)が集まったのです。


「1セントで電動歯ブラシを売らないのは違法だ」販売員、影響力持つTwitter利用者に脅迫されるも擁護と支援が殺到 Targetの従業員トリさんを支援するクラウドファンディングプロジェクト(画像はGoFundMeより)

 発端は米国時間1月18日にフォロワー21万人を持つジャーナリストが投稿したツイート。ツイートにはスーパーTargetの店内に置かれていた商品と価格タグが写っていました。標準的な価格が100ドル(約1万1000円)の電動歯ブラシと0.01ドルと表示されたタグから、明らかな表示ミスだと判断できます。しかし1セントで電動歯ブラシを売ってもらえなかったことに不満を持ったこのユーザーは、表示通りの価格で販売しないのは違法だと主張。対応した店長のトリさん(@RealTargetTori)の写真まで投稿しました。この人物は、警察に連絡したこと、警察から訴訟を起こす必要があると言われたこともツイートしています。



 この身勝手な投稿を受けて同日、Twitterユーザーがトリさんを支援するクラウドファンディングプロジェクト「Targetのトリさんに休暇を贈ろう」を開始。プロジェクトの冒頭では、電動歯ブラシをめぐっていやがらせを受けたTargetの従業員に休暇期間を贈ろうと呼びかけています。



 このプロジェクトには既に1800人の支援者が集まっています。発起人はトリさんと直接の知人ではなかったので、プロジェクト開始とともに連絡先を探している状態でしたが、翌19日には無事に連絡を取ることができ、送金方法について話し合うことができたようです。プロジェクトページでは、笑顔で「どうもありがとう」と手書きのプレートを掲げるトリさんの姿が公開されました。トリさんは集まったお金を寄付する意向を示しています。

トリさんと連絡が取れたことを報告する投稿

 Twitterで強い力を持つ消費者からの理不尽な要求を受けたこのカスタマーハラスメント(カスハラ)事案は、従業員が守られる形で決着したようです。また、このプロジェクトに関して、クラウドファンディングサービスを運営するGoFundMeの代表者は「調達した資金は、意図した受益者に直接送られることを保証します」と海外メディアに語っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.