ニュース
» 2020年01月23日 11時15分 公開

ホワイトデーのお返しって結局いくらがうれしいの? 1位は意外な「プライスレス」女性への調査で明らかに

気になる「お返し」問題。

[ねとらぼ]

 2月14日のバレンタインデーが近づき、百貨店などでもチョコレートフェアが盛り上がりはじめる季節。チョコレートをもらうのはうれしいけれど、どうしても気になってしまうのはホワイトデーの「お返し」です。

 料理レシピ検索サイトのクックパッドは「バレンタインに関するアンケート」調査の結果を1月22日に発表。この調査で、「ホワイトデーのお返しに期待する金額」が明らかになりました。

 調査対象となったのは、クックパッドの女性ユーザー3101人。調査では、バレンタインにお菓子を手作りする予定とその理由など、レシピ検索サイトらしいものを中心に、バレンタインについてさまざまな質問が実施されています。

バレンタインに関するアンケート 「バレンタインにお菓子を手作りする理由は次のうちどれですか?」好きな相手に告白したいという回答は意外にも0.5%と少数

 その中でも目を引くのが、「ホワイトデーのお返しに期待する金額は1人あたりいくらですか?」というもの。1番多い回答は「金額は気にしない」で36.6%。次いで、601〜1000円が17.5%となっています。

バレンタインに関するアンケート 「ホワイトデーのお返しに期待する金額は1人あたりいくらですか?」

 これまでにうれしかったホワイトデーのお返しについては「普段お菓子をつくらない彼からの手作りクッキー」「子供からの感謝の言葉と、1日家事代行してくれたこと」などが挙げられており、金額に関わらず「自分がうれしいと思うことを分かってくれている」と感じるお返しが記憶に残るようです。

 また、「同僚や上司から自分では買わないお菓子やハンドクリームなどをもらったこと」がうれしかったという声も。一般的に「倍返し」が喜ばれるといわれるホワイトデーのお返しですが、家族や恋人など、好みを熟知している関係性の人であれば「プライスレス」なもの、会社の仲間などでは「ちょっといい」ものを選ぶと、距離感にあわせた気遣いが感じられ、喜ばれる確率が上がるのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」