ニュース
» 2020年01月23日 15時38分 公開

メルペイがOrigamiを買収 Origami Payは「メルペイ」に統合へ

中小企業を中心に導入を推進するとのこと。

[ねとらぼ]

 キャッシュレス決済サービス「メルペイ」を提供するメルペイは、「Origami pay」を提供するOrigamiの全株式の取得によって、同社がメルカリグループに参画することを1月23日に発表しました。株式譲渡は2月25日を予定しており、これをもってOrigamiはメルペイの子会社に、また、フリマアプリ事業を展開するメルカリの孫会社となります。

メルペイがオリガミペイを買収

 Origamiは2012年の会社設立後、2016年にスマホ決済サービス「Origami Pay」の提供を開始。2018年9月には全国の信用金庫の中央金融機関である「信金中央金庫」と資本業務提携を行い、地域に密着した中小事業者へのキャッシュレス化を推進していました。

 一方、メルペイはメルカリの子会社として、2019年にスマホ決済サービス「メルペイ」の提供を開始。フリマアプリ・メルカリの決済システムとしてスタートしたメルペイは、現在では実店舗の加盟店を増やし、2019年10月には利用者数500万人を突破しています。

メルペイがオリガミペイを買収

 メルペイによると、「大企業のチェーン店を中心にキャッシュレス決済の導入が進む一方、地域の中小事業者における普及は未だ充分とは言えず(中略)日本のキャッシュレス社会実現のハードルとなっているのが実情」で、Origami payの地域性といった強みを融合させていきたいとのこと。

 今後、現在のOrigami Payはメルペイに統合。メルペイ、Origami、メルカリに加え「1月23日付でメルペイおよびメルカリとの間で業務提携契約を締結した信金中金の4社共同で、地域の中小事業者へのメルペイ導入の推進」を図るということです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.