ニュース
» 2020年01月23日 19時00分 公開

TDSが“ピクサーの世界”に! ショー「ピクサー・プレイタイム・パルズ」&グリーティングを全力レポートピクサー・プレイタイム(1/4 ページ)

[あかいけまい,ねとらぼ]

 東京ディズニーシーで1月10日からスタートしているスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」。たくさんのピクサー映画作品のキャラクターに会えるプログラムで、ゲスト参加型のエンターテイメントやグリーティングがもりだくさんです! ピクサーの世界に浸れるショーやデコレーションの様子を全力レポートします!

ピクサーエンタメ ピクサーの仲間がいっぱいのディズニーシー

ピクサー・プレイタイム・パルズ

 ピアッツァ・トポリーノに大集合したピクサーの仲間たちと一緒にゲームを楽しめる参加型のステージショー。

 カラフルでポップな衣装のMCとダンサーがステージにやってきます。ステージには「パルズ・システム」と呼ばれる仲間の団結力をエネルギーに変えることができる特製マシンが設置されています。ゲストは4ブロックに分かれて着席、レッド、グリーン、パープル、イエローチームに分類され、立ち見ゲストは“スーパーパルズ”チームとなります。

ピクサーエンタメ プレイタイムスタート!

 最初のプレイタイムは映画「トイ・ストーリー」シリーズがテーマ。彼らが安心して登場できるよう、ゲストはおもちゃのポーズで待ちます。人間がいないことを確認したウッディ、バズ、ジェシー、ボー・ピープがやってきます。それぞれのキャラクターが各ブロックのリーダーとなりゲームスタートです。キャラクターのイメージに合ったポーズでリーダーを応援! みんなで力を合わせてパルズパワーをチャージ!

ピクサーエンタメ ウッディのポーズ!
ピクサーエンタメ ヨロレイヒ〜!と元気なジェシー
ピクサーエンタメ 今年初登場のボー・ピープ
ピクサーエンタメ チーム戦も協力して頑張ろう
ピクサーエンタメ さすがの名コンビ!
ピクサーエンタメ 仲間の絆でパルズパワーもいっぱい!

 次に登場するのはMr.インクレディブルとインクレディブル夫人。颯爽(さっそう)と現れたヒーローたちに合わせてダンサーもクールな衣装にチェンジ! ゲストも立ち上がり“ヒーローエクササイズ”を行います。しかし、敵のスクリーンスレイヴァーの催眠画面が現れ、MCが洗脳されてしまいます。インクレディブルファミリー全員が力を合わせて敵を倒します。

ピクサーエンタメ Mr.インクレディブルとヒーローエクササイズ
ピクサーエンタメ インクレディブル夫人も登場
ピクサーエンタメ ジャック・ジャックも巨大化して参戦!

 続いてのシーンは「ファインディング・ニモ」です。特別な泡の中に入ったニモたちが海流にのってやってきます。ニモとマーリンが出会えるようにゲストは海流となりバルーンを隣へ隣へと運んでいきます。エイ先生やクラッシュも登場し、ゲームを盛り上げます。

ピクサーエンタメ ニモたちは特殊なバブルに入ってるよ
ピクサーエンタメ スクワートやハンク、仲間たちを海流で運ぼう
ピクサーエンタメ エイ先生やクラゲも登場
ピクサーエンタメ みんなのエコロケーションでニモとマーリンが再会
ピクサーエンタメ マリンプレイタイム

 もっとたくさんのピクサー・パルズに会いたい……という願いがマシンに届くと、それぞれの映画の音楽が流れはじめ、キャラクターたちが登場します。

 「トイ・ストーリー」からはすでに登場しているウッディ、バス、ジェシー、ボー・ピープにロッツォが加わります。「Mrインクレディブル」からはMr.インクレディブル、インクレディブル夫人、エドナ・モード、「モンスターズ・インク」からはマイク、サリーが登場します。

 さらに、「レミーのおいしいレストラン」のレミー、「カールじいさんの空飛ぶ家」のカールじいさん、ラッセル、ダグ、「メリダとおそろしの森」のメリダ、「インサイド・ヘッド」のヨロコビ、カナシミ――と総勢17キャラクターがグリーティングします。このイベント中しか会えないレアなキャラクターともぜひふれあいたい!

ピクサーエンタメ マイクとサリー
ピクサーエンタメ エドナ・モードもグリーティングに参加
ピクサーエンタメ ねずみのシェフ、レミーも挨拶に
ピクサーエンタメ ピンクのもふもふが愛くるしいロッツォ
ピクサーエンタメ メリダに会えるのはこの季節だけ!
ピクサーエンタメ カールじいさんもやってきます
ピクサーエンタメ 海の仲間も一緒
ピクサーエンタメ カナシミやヨロコビにも会える
ピクサーエンタメ 大盛り上がりでフィナーレ

 ピクサー・パルズの象徴となる約10メートルの巨大なバルーンが膨らみ、フィナーレを迎えます。大人も童心に帰って楽しめるショープログラムとなっています。

公演場所:メディテレーニアンハーバー(ピアッツァ・トポリーノ)

公演時間:約30分

公演回数:1日2〜3回


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  7. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  8. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」