ニュース
» 2020年01月23日 17時35分 公開

「ファッションのビルです」「※時間は日本時間」 カラフルなテプラを駆使した「ラフォーレ原宿」の広告が親切すぎる

情報量すごい。【1月25日14時、18時 追記あり】

[ねとらぼ]

1月25日 追記

 記事内で取り上げたLAFORET GRAND BAZAR広告について、Twitterにて酒井いぶき氏(@sasasasakaiii)が「自身の作品と類似している」旨の問題提起を行っていましたが、これに対しラフォーレ原宿が「LAFORET GRAND BAZAR広告につきまして」と題した見解を発表しました。

 ラフォーレ原宿は「この広告は、広告会社に企画・制作を依頼したもので、模倣の意図はないとの説明を受けておりますが、当社といたしましては、アーティスト様に直接お会いして、ご不快な思いをさせてしまったことについてお詫びを申し上げたところです。引き続き、誠実かつ適切に対応してまいります」としています。

 また、広告の企画・制作を手掛けたWieden+Kennedy TokyoもFacebookでお詫びを掲出しました。

 企画意図を「今回のアイデアは、例えば注意書きだらけのコンビニのコーヒーマシンのように、誰にでも分かりそうなことを、やりすぎなほどに説明を貼ってしまうテプラ文化からヒントを得て作られました」と説明。

 「広告が完成して掲出した後、『テプラ』を用いたアート作品を作成されているアーティスト様から、ご自身の作品に類似しているとのご連絡をいただきました」と酒井いぶき氏から連絡があったとし、「弊社はアーティスト様に直接お会いさせていただき、作品を再現もしくは模倣する意図は一切ないという点、および今回の企画意図をお伝えいたしました。今後も真摯に対応をさせていただきます」としています。


 1月23日からラフォーレ原宿で開催しているセール「グランバザール」の広告デザインがTwitterで話題です。キングジムのラベルライター「テプラ」を使用したもので、その意外なデザインとかわいさに、「これはやられた」「好き」と感心の声が上がっています。

ラフォーレグランバザール広告 めちゃくちゃテプラが貼ってあるメインビジュアル。上から関係ないテプラ貼ってもバレなさそう

 カラフルな色彩が目を引くメインビジュアルは、ラフォーレのロゴの周りに、あの赤や黄色の細長いテプラをこれでもかと張り付けたもの。

 テプラにはそれぞれ日程や営業時間などのセールの詳細が書かれているのですが、その内容は「目玉商品は初日の午前で売り切れてしまうことが多いのでお急ぎください」といった丁寧すぎるものばかり。しかも、その隣には別のテプラで「※目玉は売っていません」といった注釈が貼られています。これ、めっちゃ「テプラあるある」だ……!

 数あるテプラの中には「割引で得した分のお金の使い道は自由です」「近所の代々木公園は絶好の花見スポットですが、通常この時期はまだ桜は咲いていません」といったものも。これはもはやセールに関係ないな……。

ラフォーレグランバザール広告 拡大図。絵文字や枠もめちゃくちゃこだわってる

 グランバザールの広告は、屋外看板やテレビコマーシャルだけでなく、店内表示や値札など、ラフォーレの館内全体で展開されるのが特徴。館内の入り口には、「↓↓入り口です↓↓」「グランバザール会場はこちらです」といったやさしすぎるテプラが貼られています。

 また、館内の階段には「階段の一段抜かしはリスキーですのでご注意ください」、エレベーターのボタンには「↑上の階に行きます」といった、場所にあわせたテプラも貼られているようです。

 テプラを販売するキングジムによると今回の広告ビジュアルは、「史上最も親切なセール」がコンセプト。だからテプラでこんなにたくさんのことを伝えてくれていたのか……。

 シンプルなデザインの機器などに、使い方を示したテプラが貼られてしまい「おしゃれじゃなくなった」と悲しい扱いをうけることも多いテプラですが、今回の広告はカラフルでちょっとチープ、そして多くを語ってくれるテプラの「良いところ」を最大限に生かしたものだと言えそうです。

ラフォーレ原宿 2020年冬「LAFORET GRAND BAZAR」概要

開催日:1月23日〜1月27日

営業時間:1月23日 9:00〜21:00

     1月24日〜27日 11:00〜21:00

住  所:東京都渋谷区神宮前1-11-6

イベント公式サイト: https://www.laforet.ne.jp/grand_bazar/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.