インタビュー
» 2020年01月24日 08時00分 公開

ダイバー「ちょっとどいててねー」 サメ「はいー」 手で無造作にどかされるサメが“ほのぼのするかわいさ”と話題 撮影場所の海遊館に話を聞いた(1/2 ページ)

愛らしい。

[k村,ねとらぼ]

 大阪市にある海遊館で撮影された「水槽の中でダイバーに無造作にどかされるサメ」がTwitterに投稿され、「ほのぼのするかわいさ」と話題となっています。投稿者はiebe(@iebe_p)さん。



 海遊館の「太平洋水槽」に暮らす、「オオテンジクザメ」(以下、サメ)。水槽のすみっこにいたサメのところに、お掃除中のダイバーが近づいてきます。


ALT ダイバーさん、お掃除中

 もちろん、サメの体の下もお掃除しなければなりません。ダイバーはサメの頭付近にそっと手を置くと……。


ALT 頭に優しく手を置いて

 そのままズザザーッと後ろの方にどかしていきます。驚く様子もなく、されるがままのサメ。「オオテンジクザメ」はおとなしい種類とはいえ、“サメを何げなく手でどかす”動作はなんだかシュール。


ALT 「ちょっとどいててねー」


ALT サメ「あっ」


ALT ズザザーッと後ろへ

 どかされた後も暴れたりすることなく、サメは後ろでじっとおとなしく待機しています。そのおかげで水槽の隅々までお掃除も捗ったようですね。「よしよし、お利口さんでした」とほめてあげたくなるかわいい姿でした。


ALT 後ろで待機、お利口さんですね

 投稿には「かわいい」「シュールですごく好き」「ほのぼのする」など、サメのおっとりしたかわいさにコメントが寄せられています。

 ねとらぼ生物部では「海遊館」オオテンジクザメ担当の飼育員さんに、今回の動画についてお話を伺いました。

――Twitterでオオテンジクザメの動画が話題になっていることは知っていましたが?

 はい、知っていました。普段は話題になることが少ないオオテンジクザメに注目していただき、とてもうれしいです。「かわいい」というコメントが多くて、ちょっとびっくりしました。

――サメをどかしたのは水槽のお掃除のためだったのでしょうか?

 はい。魚たちが暮らす「太平洋」水槽をきれいで衛生的に保てるよう、毎日かかさずお掃除をしています。今回の動画は、ダイバーが水中掃除機のような機材で、水槽の底に落ちた餌の食べかすやはいせつ物を吸い出しているところでした。水槽の隅々まできれいに掃除するため、サメたちには少し移動してもらいました。

――ダイバーがサメに近づいたり、触ったりしても全く驚かずに逃げないのはなぜでしょうか?

 サメが動かないのはいくつか理由があり、「ダイバーがサメのことをよく理解していて、驚かせないように注意している」「オオテンジクザメも水槽内の環境やダイバーに慣れていて、触られても驚かず安心している」「オオテンジクザメはもともと海底の岩陰などでじっとしていることが多い、比較的おとなしい種類のサメである」ことが理由です。

――サメの性質だけでなく、ダイバーとの信頼関係があの動画にあらわれているんですね。オオテンジクザメの展示で、今後注目して欲しいポイントはありますか?

 オオテンジクザメが活発に泳いでいる姿やエサを食べている姿など、生き生きと暮らす様子もご覧いただきたいですね。サメの多様性といいますか、海にはいろんな種類のサメがいていろいろな暮らし方をしていることに、改めて注目していただけるとうれしいです。

 サメの性格、そして飼育員・ダイバーとの信頼関係が、あのほのぼのとした場面を生み出したようです。動画の「オオテンジクザメ」を直接見てみたいという方は、「海遊館」を訪れてみてはいかがでしょう。

 動画を投稿したiebe(@iebe_p)さんは、頭の上を他のサメがドカドカ歩いてもジッと大人しくしているオオテンジクサメや、ビニールに突き進み続けるマンボウの動画も投稿しており、こちらも心が和むかわいさを見せてくれています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」