ニュース
» 2020年01月24日 14時10分 公開

三菱UFJ銀行、紙の通帳やめてネット通帳に切り替えると1000円もらえるキャンペーン開始 条件は?

[観音崎FP,ねとらぼ]

 三菱UFJ銀行は1月24日、紙の通帳から「Eco通帳」(インターネット通帳)に切り替えると、先着10万人に1000円をプレゼントするキャンペーンを始めました。

フォト ネット通帳に切り替えると1000円もらえる三菱UFJ銀行のキャンペーン(キャンペーンサイトより)
フォト 申し込むにはキャンペーンサイトから口座店番、口座番号などを登録する必要があるので、手元にキャッシュカードなどを用意しておこう

 キャンペーンは3月15日まで。(1)2020年1月23日時点で三菱UFJ銀行の普通預金口座を開設済で、かつEco通帳未契約、(2)キャンペーン期間中にEco通帳に切り替えを完了、(3)キャンペーン期間中、キャンペーンサイトから参加登録を完了──することが条件です。また、Eco通帳を申し込むには「三菱UFJダイレクト」(インターネットバンキング)の契約が前提となりますので、未契約の人は申し込む必要があります。1000円は3月末ごろに三菱UFJダイレクトの代表口座(普通預金口座)に入金されるとのことです。

 対象は先着10万人(総額1億円)。「申し込み人数が10万人を超えた場合は予告なく終了」するとのことです。三菱UFJ銀行によると、キャンペーン初日ながら「コールセンターへのお問い合わせが繋がりにくい状況」になっているとのことです。

 また、「すでにEco通帳を契約済のユーザーが、期間中に別口座で新たにEco通帳への切り替えを完了した場合は対象」になりますが、「契約中のEco通帳を解約した上、期間中に再び同じ口座で申し込んだ場合は対象外」となります。

 Eco通帳は、スマートフォンやPCでいつでも入出金明細が確認できるネット通帳。最長10年分の明細を確認できる(「お取引推移表」の申し込みが必要)、記帳や繰り越しが不要で、紛失の心配がないといったメリットもあります。

 ただし紙の通帳との併用はできず(窓口取引はキャッシュカードで行う)、キャンペーンに申し込むと1年間はEco通帳の解約受付はできないとのこと。「紙の通帳をやめてネット通帳に切り替える」ことで不都合がないかどうか、申し込みの際には確認しておく必要がありそうです。

 キャンペーンの背景には、マイナス金利で収益環境が厳しい中、デジタル化を進めてコストを削減したいという銀行の思惑があります。紙の通帳には毎年200円の印紙税がかかるほか、印刷代なども必要で、銀行の負担になっています。こうしたキャンペーンを通じ、紙の通帳からの移行を進めたい考えです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.