ニュース
» 2020年01月25日 14時45分 公開

男の子もプリンセスになれる! ディズニーランドで「エルサ」になる夢をかなえた男の子が話題に

「かわいい」も「かっこいい」も、好きなものに性別は関係ない。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートにある「ビビディ・バビディ・ブティック」。3歳〜小学6年生までの子どもが、シンデレラやベルなどのディズニープリンセスに変身できる体験型のサロンです。

 そんなビビディ・バビディ・ブティックで、大好きな「アナと雪の女王」の「エルサ」に変身した男の子が、「『好き』という気持ちを大切にしていてすてき」「男の子も変身できるのを知ってびっくり」Twitterで話題になっています。

ビビディ・バビディ・ブティック エルサに変身した男の子の後ろ姿(写真提供:いちえさん)

 ねとらぼでは、息子さんをエルサに変身させたいちえさんと、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに話を聞きました。

エルサを好きになったきっかけ

 いちえさんの息子さんがエルサを好きになったのは、旅行中に飛行機の中で見た映画「アナと雪の女王」がきっかけ。息子さんは、映画をみた直後から「エルサが大好き」と、ずっとアナ雪の話をしていたそうです。

 続編の「アナと雪の女王2」の公開時にはすっかりエルサのとりこになっていた息子さん。アナ雪2を初めて見た日には、感動のあまりエンディングで涙。興奮して夜もなかなか寝付けないくらいだったといいます。

 いつしか息子さんは「エルサは魔法が使えて、僕も魔法でみんなを守りたい」と、エルサに憧れるように。この気持ちが今回のビビディ・バビディ・ブティックでの変身につながったようです。

「僕、エルサになりたい!」から、小さなプリンセスが生まれるまで

――息子さんが「エルサになりたい」といちえさんに伝えた時のことを教えてください。

 正直、驚きました。ですが、本人が「今まで貯めたお年玉を全部使ってもいい」というほど熱望しているので、その夢をかなえてあげたいとも思いました。

 詳しく話を聞くと、息子が通っている幼稚園かお教室で「東京ディズニーランドでエルサになった」と言っていたお友達がいたことがきっかけのようでした。

――東京ディズニーランドに行くことを決めてから、当日までのことを教えてください。

 東京ディズニーリゾートのアプリからビビディ・バビディ・ブティックを予約しました。その際、必要な情報を入力したのですが、性別による利用制限は設けられていませんでした。

 無事に予約は完了しましたが、やはり不安はあり、当日に受付で男児であることを伝え、利用可能かどうかをあらためて伺いました。キャストさんには「大丈夫ですよ」と快く応じていただけました。

ビビディ・バビディ・ブティック ビビディ・バビディ・ブティックの様子(写真提供:いちえさん)

――ビビディ・バビディ・ブティックでは、どのような時間をすごしたのでしょうか?

 まず、男児であることを伝えた際に、受付のキャストさんから「お名前はどのようにお呼び致しましょうか?」とお気遣いを頂きました。女の子には、お名前のかわりに「プリンセス」と呼びかけることもあるとのことで、相談の結果、いつも呼んでいる「●●君」、もしくは「エルサ」と呼んでいただくことになりました。

 本人は、キャストさんから「エルサ」と呼んでもらい、「ぼく、エルサ?」と、とても喜んでいました。

 また、キャストさんたちは、メイクアップ中にもアナ雪や、ディズニーキャラクターのお話をして息子の気持ちを盛り上げてくださいました。特に、記念写真を待っている間の、息子がキャストさんに魔法をかける「アナ雪ごっこ」は、「魔法が使えた!」と満面の笑みで楽しんでいました。

――エルサといえば、長い三つ編みヘアが特徴ですが、息子さんのヘアスタイルもばっちりですね。

 短髪のため大変だったかと思いますが、キャストさんが工夫してウィッグを取り付けてくださいました。

――エルサに変身した息子さんはどんな様子でしたか?

 エルサに変身した息子は、終日ニコニコとディズニーランドでの一日を過ごしました。多くのキャストさんやゲストの方にもお声がけ頂いて、ご満悦だったようです。

 帰る際にゲートを出ようとしたところで、息子が「エルサの服やお靴は返さなくていいの?」と聞いてきました。「そうだよ! 魔法は家に帰ってもずっと続くんだよ」と答えたところ、「良かった〜!」とうれしそうにしていました。

いつから男の子もOKに? オリエンタルランドに聞いた

 以前は女の子しか利用を受け付けていなかったというビビディ・バビディ・ブティック。オリエンタルランドの広報担当者によると「ご要望にお応えし、2016年からお子様の性別を問わず受け入れをしている」とのことでした。

ビビディ・バビディ・ブティック<A HREF="https://www.tokyodisneyresort.jp/happy/bbb/"> ビビディ・バビディ・ブティックの公式サイトより

 現在、東京ディズニーリゾートのビビディ・バビディ・ブティックで変身できるのは「ディズニープリンセス」のみ。海外のディズニーパークでは、プリンセスと同様に、王子様=プリンスに変身できるプログラムもありますが、残念ながら東京での実施は「未定」だそうです。

 ビビディ・バビディ・ブティックの公式サイトには「なりたい私になれる特別な体験!」という文字が。オリエンタルランドは、「ビビディ・バビディ・ブティックは、お子様の『プリンセスになりたい!』という夢をかなえるサロンです。これからも、性別にかかわらず、お子様の思いをかなえていければ(広報担当者)」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声