ニュース
» 2020年01月18日 18時00分 公開

「気づいたら平手友梨奈ちゃん見てる」「メンバーの家族も欅ファン」 グランジ遠山・はんにゃ金田・バグベアが夜通し欅坂46愛語った「語るなら欅を」イベントレポート (1/6 ページ)

【画像】欅坂46のこと、誰が一番愛してる?

[Kikka,ねとらぼ]

 欅坂46を愛する芸人・遠山大輔さん(グランジ)と、金田哲さん(はんにゃ)が新宿・ロフトプラスワンにて開かれたオールナイトトークイベント「ライブナタリー Presents RESPECT! トークライブ Vol.3〜語るなら欅を〜」に出演し、朝5時まで欅坂46愛を語りつくしました。イベントでは作曲家ユニット「バグベア」も登場。「締め切り3時間前に一発でできた」と「不協和音」の誕生秘話が明かされた他、「欅坂46は命を削りながらやっているのがすごく伝わる」など、作曲家ならではの視点でのトークが展開され、プレミアチケットを勝ち取った来場客130人は真剣な様子で4人の話に耳を傾けました。イベントの様子を詳しくお伝えします。


欅坂 平手 ナタリー とーやま 校長 多くの欅坂46ファンが集結した「ライブナタリー Presents RESPECT! トークライブ Vol.3〜語るなら欅を〜」(写真提供:音楽ナタリー)

TAKAHIRO先生からのメッセージで乾杯!

 開始時刻、会場で鳴り響いたのは欅坂46のライブでもオープニングの定番として知られる「Overture」。集まった来場客が自ら持参したペンライトによって会場を緑色に染めていくと、会場からは自然に「Oh Oh Oh」の合唱やコールが飛び出し、次第にボルテージが上昇していきます。そしてデビュー曲「サイレントマジョリティー」のイントロが流れ始めると、今夜の主役・遠山さんと金田さんが笑顔で登壇しました。

 遠山さんは「Student Dance」の衣装の元ネタと目されている「時計仕掛けのオレンジ」のTシャツに、首からありったけのツアータオルをぶら下げた正装で、「う〜ん…って感じ」でおなじみの“おでんペンライト”を高らかに掲げて堂々の入場です。


欅坂 平手 ナタリー とーやま 校長 会場でもまばらな“おでんペンライト”を手に堂々の入場を果たした遠山さん(写真提供:音楽ナタリー)

 あまりの大歓声にオープニングトークでは、金田さんから「いやあの……欅じゃないよ?」、遠山さんから「俺らで大丈夫ですか?」と心配の声が上がるほどでしたが、“とんでもない倍率”の応募があったことが2人から明かされると会場は一層ヒートアップ。遠山さんが「(会場に集まったのは)マジで激選勝ち抜いた皆さんですって!」と声をかけると会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こりました。

 そんなトークライブですが、開演前からファンが大盛り上がりだったのがイベント限定で提供されたコラボメニュー。「二人ウドン(1人前)」「キミ(黄身)がイナイ温玉うどん」「タコさん手を繋いで揚げようか」など、楽曲にちなんだものが多数用意されており、遠山さんは自身が考案した「シャンディにはガフしかない〜夕立も、ロフトプラスワンで飲むシャンディガフも嫌いじゃない〜」を菅井友香さんさながらのテンションで発注したほか、ラジオ番組でのとある出来事から尾関梨香さんに助け舟を出してもらった経験もある金田さんは「おぜ姉には頭上がんないです、本当に」とつぶやきながら自身が考案した「酒に飲まれても(緑茶ハイ)」を発注。筆者もすかさず「バグベア」ここみらいさん考案の「僕煎(僕たちの煎茶)」と「こぼしてんじゃねーよアイス(抹茶味)」をお願いしました。


欅坂 平手 ナタリー とーやま 校長 ファンにはたまらないメニューリスト 

欅坂 平手 ナタリー とーやま 校長 「こぼしてんじゃねーよアイス(抹茶味)」。ティッシュは自前で用意して「ねぇ誰かティッシュ取って〜」のところも個人的に寸劇しました

欅坂 平手 ナタリー とーやま 校長 「僕煎(僕たちの煎茶)」。お茶は〜やっぱ煎茶だけだ〜!

 各テーブルにドリンクがそろうと、乾杯を前に遠山さんから「(欅坂46の振り付けを手掛けるダンサー)TAKAHIRO先生と年末にお会いする機会がありまして、『(ファンの)皆さんにお伝えすることがあれば』と言葉を預かってきたので、その言葉と共に乾杯したいと思います!」とのあいさつがあり、全員がグラスを持つと、「これからも欅坂46を共に応援していきましょう! 乾杯!」とTAKAHIROさんらしい言葉でイベントの幕が開きました。

第1部:語るなら欅を

遠山俺ね、すごく震えたんですよ、この言葉(これからも欅坂46を共に応援していきましょう!)。なぜかというと、内部の人でしょう(TAKAHIRO先生は)。振り付けがあって、ライブの演出もずっと付きっきりでやられていて、“欅坂46側”の方なのに、「共に応援していきましょう!」っていう言葉ですよ。

金田確かに、TAKAHIROさんも一緒にっていうことですもんね。

遠山皆さんと一緒の気持ちで。

金田「応援してください」じゃないんですよね。

遠山そう! 一緒に欅坂46を見てる。欅坂46の今であり、欅坂の成長をもしかしたら(TAKAHIRO先生は)間近で見てる。僕らは画面越しであり、スピーカー越しかもしれないですけれども、「気持ちはともにある」っていうね。それを僕は伝えたかった! どう?

会場:(惜しみない拍手)。

遠山これじゃあ、タイトルコールしていきましょう「語るなら欅を〜!

会場:歓声と拍手。

遠山ここのコーナーでは僕と金田さんで、欅坂46のどこが好きなのかとかなぜ好きになったのかっていうのを話していこう! そもそも金田さんはアイドル、好きでしょう?

金田僕はもともと、ももクロがめちゃめちゃ好きで、ずっとモノノフとしてやってきてまして。NHKさんから「ラジオで夕方に若者へ向けて発信したい」と、NHK-FM「ゆうがたパラダイス」のお話をいただいた際に、いろいろなアイドルグループがゲストとして来てくださるということになり、その中での1グループとして欅坂46がいたんですよ。僕はももクロ以外はアイドルをあんまり知らなかったんですけれども、番組が始まって1年たって、欅坂46がレギュラーになるっていうタイミングで曲を聴き始めてMVとかも見るようになったら、素人目ながら平手友梨奈ちゃんに対して「これはいかつい」と。カリスマ性とかそんな簡単な言葉じゃなくて、「もってんな」「見ちゃう」みたいなものを感じて、すごいハマり始めました。


欅坂 平手 ナタリー とーやま 校長 第一部開幕! 欅坂46との出会いを語る金田さん(写真提供:音楽ナタリー)

遠山ほぼ最初期から見ているっていうことですよね。

金田最初はねラジオだったので、大変だったんですよ。俺もラジオのパーソナリティーを1人でやるのは初めてだったし、NHKさんの番組だから普通のラジオよりはお堅いっていうのもあって、自分のことで必死だったんで。本当にメンバーと一緒に頭抱えてたこともありました。でもその中でメンバーの個性を見つけようと勉強していって、今は欅坂46さんと一緒に成長させてもらってます。

遠山今回ナタリーさんからね、「このトークライブどうですか?」って今回のお話をいただいたときに、「ぜひやらせてください!」と返事をしたんですけど、オールナイトで4〜5時間ありますってなったときに、僕1人じゃなくて誰か横に居ていただいた方が良いだろうなって何人か浮かびました。そのうちの1人は「オテンキ」のり。ボケ過ぎダメ! 同じぐらい浮かんだのは金田だったんですよ。NHKさんで欅坂46のメンバーとラジオやってますからね! で、俺もTokyo FMで「SCHOOL OF LOCK!」っていう番組をやらせてもらっていて、金田と一緒に飲みに行ったことがあるんですけれども、そうしたらやっぱり欅坂46の話になるじゃないですか。

金田なりますよね。

遠山俺は欅坂46全体が好きだから、ライブを見るときに全体を見ようって思うんですけれども、平手友梨奈ちゃんが(SOLの)レギュラーにいて、さらに吸引力と存在感がすごいから「気づいたら真ん中見ちゃう」っていうことがあって。でも金田は「あの曲は誰が良かったです」っていう見方をしてるんですよ。なぜかというとラジオでいろんな人を迎えているから。

金田ラジオはある意味毎週面接みたいなもんなんですよね。やっぱり喋っていると、この子はこれに突出しているなみたいなことはメンバーごとに感じますし、パフォーマンスだと曲によって「この子ここはどうしてるんだろう?」っていうような全体の見方をします。だから推しは……ある意味全員なのかもしれないです。逆に誰推しなんですか、遠山さんは。

遠山誰推しっていうのは本当にないんだけど、気づいたら平手友梨奈ちゃんを見ているね。ラジオを一緒にやらせてもらっているっていうのと、あとやっぱり逃したくないって思っちゃう。「もしも俺が目を離した隙に平手友梨奈がとんでもないスパークしたら、俺はマジで後悔する」って思っちゃって。分かります?

会場:(分かる、分かるという雰囲気)。

遠山気づいたら目で追っちゃうみたいな。もちろん避雷針の渡邉理佐ちゃんの凛々しさとか、サイマジョの森田ひかるさんの眼力とか。あんなちっちゃいのに身体のどこにそんなパワーがあるんだとか思っちゃう。でも追っちゃうんだ! 追っちゃうんだ、あれを! チキショー!

金田やっぱりね、全員が見ちゃうわけですよね、平手ちゃんを。

遠山そう! DVDとか見てても、「今日こそは全体を見よう!」とか思うんですよ。例えばエキセントリックの「愛なんて縁を切る」のところなんて、毎回平手友梨奈見ちゃうから、「今日は、絶対俺は小林由依見る」って決める。で、直前とかも何回も言い聞かせる。「小林、小林……」で、「愛なんて縁を切る」……平手友梨奈! また平手見ちゃった俺! おかしいと思うけど俺! 

金田それはおかしくないじゃない(笑)。

遠山この間もね、Perfumeののっちさんと話したんだけど、2018年に欅坂46と共演した際に鈴本さんセンターの「アンビバレント」、通称「もんビバレント」を見たらしくて、「あれは何ですか!?」「あれは誰なんですか!?」って名前調べたら鈴本さんで。俺とのっちさんがお会いしたときに「あの子はすごい」って絶賛してました。2019年末はTAKAHIRO先生とも直接お話されたらしくて、「TAKAHIRO先生からすごい愛情を感じるし、欅坂46のメンバーは本当にTAKAHIRO先生と出会えてよかったね」っていう話をしていました。PerfumeもMIKIKO先生っていう振り付けとかライブ演出とかやられている方がいて、PerfumeのMIKIKO先生、欅坂46のTAKAHIRO先生みたいな感じで、のっちさんも感じるところがあったみたいでね。そういうお話を聞くと、「やっぱそうだよな」って全体を見ようと思うんだけど、やっぱ見ちゃうんだな……(平手友梨奈ちゃんを)。

会場:(笑)。

金田俺はなんかやっぱり鈴本ちゃん見ちゃうなぁ〜。

遠山良いよね……! アンビバレントのね、最後の方なんかさ、こういうところあるじゃん!(突然立ち上がって踊りだす遠山さん、踊っているのは「Blah Blah(Hey!)」〜「願望は二律背反」までにある間奏で、小林由依さん、渡邉理佐さん、土生瑞穂さん、鈴本美愉さん、場合によっては小池美波さんの4人が腕を使った振りで魅せる場面)。

会場:(遠山さんの熱量とクネクネダンスに爆笑)。

遠山俺、ダンス全く分からないんだけど、鈴本さんがね、全くブレないのね。体幹が! 盆踊りやらせたら最高よ! 16時間ぐらいいけちゃうよ多分!

金田盆踊りじゃなくても最高でしょ(笑)。人としても芯がぶれない人ですからね、鈴本さんは。なんか深くしゃべったことないのに言っちゃったけど。

会場:(笑)。

遠山そういえば欅共和国のときにね、(鈴本さんの)ご親族が声をかけてくださったことがあってね。いや、俺ごときによ!? 「SOL聞いてます!」って言ってくださって。ペンライトとかも持ってて、もうねファンなのよ。家族も欅坂46のファンなのよ。それが本当に良いことだなと思ってさ。

金田そうですよね。それでいうと、俺はそのときいなかったんですけど、吉本坂46の稽古(けいこ)してたら相方の川島のところに長濱ねるちゃんがやってきてくれたことがあったらしくて。「初めまして、欅坂46の長濱ねるです。かわだしクッキング見てます!」ってあいさつしてくれたらしいんですよ。川島はだしソムリエの資格を持っているので“だしを使った料理を紹介するYouTubeチャンネル”やってるんですけど、当時は初期だったんで再生回数3回とかで。なぜ長濱ねるちゃんが川島のだしのチャンネル見てるのかいまだに分からないんですけど、なんかうれしいじゃないですか。身内にね、全く違うところからのアプローチをしてくれて、すごいうれしかったです。

遠山いやねぇ、本当にねぇ。すごいんですよ、欅坂46は! 僕ももともとSOLは乃木坂46とやらせてもらっていたんですよ。だからまだ名前が(欅坂46に決まる前の)「鳥居坂46」とか、ビデオ審査とかやってる時期に欅坂46のことを知ったんですけれども、「2015 FNS歌謡祭 THE LIVE」(フジテレビ系)でテレビ初お披露目だっていうときに、まだ曲ができていなかったから、乃木坂46の「制服のマネキン」をやるんですよ。でも俺はそのときに勝手に悔しくなっちゃって。

金田オリジナルがまだないから。

遠山そう。晴れ舞台で先輩の曲をやらせてもらうってことなんだけど、「悔しいだろうな」とか思ってて。そこからときは流れ、別の歌番組で乃木坂46が出るっていうので見ていたら欅坂46も出ると。そこでサイレントマジョリティーを確かフルでやったんだけど、うちにHDDあるから……ちょっと見に行こうよ! 

会場:(爆笑)。

欅坂46 『サイレントマジョリティー』

金田それ持ってくりゃよかったのに(笑)。

遠山でもHDDダビングしたら消えちゃいそうな気がして。

金田消えないよ(笑)。

遠山消えないんだ!? でもあれでねぇ、ぶち抜かれた!

金田サイレントマジョリティーは全員がそうだと思うんですけど、あれはやばすぎたし、あのときの平手友梨奈にみんなやっぱりやられたっていうかね。

遠山だからね、俺はあのときとずっと一緒なの。あのサイレントマジョリティーを見て、次の日にTFMで仕事したときに、「昨日のやつ見た!? あの欅坂46のサイレントマジョリティー見た!? めちゃめちゃすごくない!?」って誰かに言いたくなって。俺その連続なんですよ。ずっとライブを見た後も誰かに言いたいし、そのパワーがすごいなって思うんだよ。自分の中だけに留めさせないで、誰かに伝えていきたいって思わせてしまうもの。それがずっと続いてる。欅坂46のものを見たとき「誰かに言いたい。誰かに知ってもらいたい」「このパフォーマンスによって誰かが救われるかもしれない」みたいなことを思ってる、だから伝えたくなっちゃうの。

金田ライブの映像を見せていただいたことがあったんだけど俺はもうキミガイナイで、もう……! 魅力的なメンバー、曲の表情がね。

遠山魅力的なメンバー! 曲の表情! って言いました!? 俺ちょっと見てほしいところあるんですよ。ここで見れますよね!? これちょっと映像とか用意してるんで見ましょう。

会場:(歓声と拍手)。

遠山ちょっとまず「手繋(手を繋いで帰ろうか)」。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  5. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  6. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  7. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  8. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  9. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる
  10. /nl/articles/2201/19/news162.jpg 「アキラかにきむすばですやん!」 声優の木村昴、『AKIRA』大友克洋のツイートに偶然写り込んでしまう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」