ニュース
» 2020年01月25日 21時00分 公開

クセになる愛らしさ……! ファービーを修理して作った「エビフライファービー」のインパクトがすごい

愛を受けて進化したファービー!

[宮原れい,ねとらぼ]

 少し懐かしい気持ちになるおもちゃ「ファービー」を修理して、モフモフの毛が衣のようになった「エビフライファービー」を作るTwitterユーザーが現れ「インパクトがすごい!」と話題になっています



エビフライ ファービー 修理 愛 ロングファービー エビフライなフォルムがかわいい!

 ぱっと見で「エビフライ」とわかるフォルムと毛の色、そしてエビの尻尾がついた斬新な姿のファービー。初見だとその奇抜なビジュアルに衝撃を受けますが、よく見ると仕立ての丁寧さやクオリティーの高さに気づいて、ファービーへの愛から生まれたものだとわかります。アニメにも出てきそうな愛すべきキャラクター感がクセになる……。


エビフライ ファービー 修理 愛 ロングファービー 特徴的なパッチリお目々と黄色いくちばしがエビフライになってもキュートです

 作者のあがた(@agata_toliebe)さんによると、元になったファービーは10年くらい前に中古ショップで見つけたもの。ようやく見つけたファービーでしたが、数年前にとうとう電池を入れても動かなくなってしまったそうです。さらに、経年劣化で毛や顔の色が変わってしまっていたのもあり、その色に合わせた“治療”として見た目をエビフライに。ちなみに名前は「ファビフライ」とのこと。かわいい。


エビフライ ファービー 修理 愛 ロングファービー 後ろにはタルタルソースにも見えるフワフワの背びれ(?)も

エビフライ ファービー 修理 愛 ロングファービー 唯一無二のファービー「ファビフライ」さん

 簡単ではない治療と愛を受けたファビフライは、一緒に暮らすファービーの家族と身を寄せ合ったり、あがたさんと一緒に寝たりと、とても大切にされているようです。Twitterではそのルックスに驚く声もありますが、海外のファービーファンなどからは「大好きです!」というコメントや感謝の言葉などが寄せられています。


エビフライ ファービー 修理 愛 ロングファービー あがたさんと暮らすファービー家族と一緒に

 ファービーを新しい姿へ修理・カスタムするのは以前からファービーファンの間で行われており、「ロングファービー(Long Furby)」と呼ばれるヘビのようなファービーも作られています。海外の掲示板サイト「reddit」ではロングファービーを投稿するスレッドが盛り上がっていたり、ハンドメイドグッズ販売サイトEtsyでは胴体が長いファービー以外にも、手足の付いたファービーや丸いクッションのようなファービーまで、さまざまな“ロングファービー”が販売されています(※長くなくても「Long Furby」と呼ばれます)。



 あがたさんも、海外のロングファービー作家のSNSを覗いたのがきっかけで知り、その一種としてエビフライなファービーを製作。なお、ファービー自体にハマったのは10年ほど前、昔家に居たのを思い出してTwitterのファービーbot(@bot_furby)をフォローしたのがきっかけとのことです。興味を持った方は「ロングファービー(Long Furby)」で検索すると、ファービーへの愛の多様性を知ることができるでしょう。




画像提供:あがた(@agata_toliebe)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」