ニュース
» 2020年01月27日 20時00分 公開

家中の白い物がモフモフ笑顔のわんこ“サモエド”に変身!? ナイスアイデアのキーホルダーに「天才」「最高のセンス」の声

これは欲しくなってしまう。

[k村,ねとらぼ]

 ハンドメイド作家のタイタン・ウシノフ(@ushinof)さんが、「サモエドの概念プラ板キーホルダー」を制作しTwitterに投稿。“白い物なら何でもサモエドにできる”というナイスアイデアと、そのかわいさに注目が集まっています。



 「サモエド」は、真っ白でふわふわな長毛の大型犬。タレ目と上がった口角から、“笑っているように見える”と人気を集めており、その笑顔は「サモエドスマイル」と呼ばれ親しまれています。


ALT “サモエドの概念”を形に

 そんなサモエドのプラ板キーホルダーをタイタン・ウシノフ(@ushinof)さんが制作。背景を透明にし、サモエドの目、鼻、口のみを描くことで、“白い物の上に置けばそこにサモエドが再現される”という素晴らしいアイデアを形にしています。さて、このキーホルダーを白い物の上に置くとどうなるかと言うと……?

 白いビニール袋がサモエドに見えてくる……!


ALT ビニール袋も

 白いフキンの上に置いても、かわいいサモエドちゃんが誕生。


ALT ふきんもサモエド化

 キッチンペーパーの上に乗せても、あれ、サモエドちゃんそんな所にいたの……? 状態に。


ALT キッチンペーパーさえも……!

 中でも最高なのがフワフワの白いタオル。タオルの上にキーホルダーを置けば、もふもふな毛並みのサモエドを完全再現していると言っても過言ではありません。タイタン・ウシノフさんも「これなんかもう完全にサモエド」と投稿しています。





 キーホルダーを白い物の上に置くことで、その物がサモエドちゃんの体に見えてきて、いとおしくなってしまいます。これがあれば家中の白いアイテムがサモエド化するぞ〜!

 投稿には「最高のセンスです」「かわいいし天才」とタイタン・ウシノフさんの画期的なアイデアを称賛する声のほか、「コーギーもお願いします」「これのパグが欲しい」と、犬種のリクエストをする人も見られました。家中にいろんなワンコがいる幸せ空間になりそう……!





 「欲しい」という声も多数集まっている、「サモエドの概念プラ板キーホルダー」ですが、投稿によると今後ハンドメイドイベント等で販売する可能性があるとのこと。気になる方はタイタン・ウシノフ(@ushinof)さんのTwitterアカウントをチェックしてみてはいかがでしょう。

 動物たちへの愛を感じるイラストやフィギュアを制作するタイタン・ウシノフ(@ushinof)さんの作品は、Twitterアカウントの他、オンラインショップ「うしのふのみせ」で見ることができます。

追記(2020年3月6日14時30分)

 ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて商品化されることが決定し、販売がスタートしました。













ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT ALT

画像提供:タイタン・ウシノフ@ushinofさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」