ニュース
» 2020年01月26日 18時22分 公開

3000年前のエジプト神官の声、ミイラから再現 英大学など

非常に短い音声が公開されています。

[ねとらぼ]

 3000年前のエジプトの神官の声を、ミイラから再現したと、英ヨーク大学などの研究チームが発表しました

 再現したのは「Nesyamun」という名の神官の声。NesyamunのミイラをCTスキャンし、それをもとに3Dプリンタで声道の形状を再現。この3Dモデルと人工喉頭を用いて神官の声を再現しました。再現された母音のような短い音声はWebで公開されています。

上:断面図 下:3Dモデルの断面

 NesyamunはラムセスXI世の在位(紀元前1099〜1069年)のころに生きていたカルナック神殿の神官。そのミイラはリーズ市立美術館で展示されています。研究者は、声の再現には軟組織が完全に保存されていることが必要であり、Nesyamunのミイラでは声に関連する軟組織が良い状態で残っていたとしています。軟組織の保存と新たな技術発展によって、大昔に亡くなった人物の声を聞く無二の機会が得られたと研究者は述べています。

 この研究結果はNatureで公開されています。

棺にヒエログリフで記されたNesyamunの名前
CTスキャンされるNesyamunのミイラ (C)Leeds Teaching Hospitals/Leeds Museums and Galleries

画像はNatureの論文から



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.