ニュース
» 2020年01月26日 19時42分 公開

関東甲信 雪の見通し(26日午後6時最新)

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 27日月曜日午後から28日午前は関東甲信で積雪のおそれ。大雪に警戒し、交通情報にも注意を!

大雪に関する早期注意情報(26日17時発表)

 水戸、銚子を除く関東甲信の各気象台は大雪に関する早期注意情報を発表しています。警報級の大雪の可能性があるのは、あす27日(月)は埼玉、28日(火)は栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野です。この早期注意情報は、災害への心構えを高める必要があることを示し、警戒レベルは1です。今後、低気圧の接近・発達状況、上空の寒気のレベルによって、情報が更新されることが予想されます。

 常に新しい情報を更新し、早めに行動できるよう心がけてください。

関東甲信 雪の見通し

 27日から28日にかけて、日本の南に停滞する前線上に低気圧が発生し、本州の南岸をゆっくり東へ進む見込みです。また、関東甲信地方の上空約1500メートルには氷点下3度以下の寒気が流れ込む予想です。このため、関東甲信地方では27日昼過ぎから28日にかけて広範囲で雪や雨が降り、山沿いを中心に大雪となり、平野部でも積もる所がある見込みです。

 あす27日午後からの関東甲信の天気分布をご覧ください。

 昼過ぎには山梨や長野南部で雨や湿った雪が降りだします。夕方には雨の範囲が関東にも広がり、丹沢山地から奥多摩、埼玉県や群馬県の広範囲で湿った雪になります。夜になると神奈川や東京23区でも雪になり、内陸部や標高の高い所では積もり始める見通しです。

 予想より気温が低くなった場合には、『この図に示すよりも雪のエリアが広がり』、山沿いを中心に警報級の大雪となる恐れがあります。大雪によりあす夜は列車など交通機関に乱れが発生することが予想されます。また、ビニールハウスやカーポートに雪が積もり、倒壊したり、電線や樹木に着雪し、停電する可能性もあります。気象情報や交通情報は最新のものをよく確認してください。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.