ニュース
» 2020年01月27日 17時26分 公開

山形県の老舗百貨店「大沼」が破産 「百貨店協会加盟店ゼロ県」に

百貨店冬の時代。

[ねとらぼ]

 東京商工リサーチによると、山形県の老舗百貨店「大沼」(山形市)が1月27日、山形地裁に破産を申請しました。店舗は26日で閉店し、山形県は日本百貨店協会に加盟する百貨店がゼロの県になりました。

フォト 山形市の大沼本店(Googleストリートビューより)

 大沼は江戸時代の元禄13年(1700年)に創業した老舗。山形市の本店に加え、酒田店、米沢店などを展開し、1993年2月期には約197億円の売上高を計上していました。

 その後、郊外型の大型店との競争や人口減少、消費低迷などから2001年2月期には売上高が約144億円まで落ち込み、赤字に転落。業績悪化に歯止めがかからず、18年4月には投資ファンドが経営権を取得したものの再建が進まなかったとのことです。連鎖して「大沼友の会」も破産を申し立てました。

 19年3月には大沼の執行役員らが出資する投資組合が経営権を得て、8月に米沢店を閉店するなどのリストラを進めたものの、資金繰りが限界に達したとのことです。負債総額は約25億円。

フォト 大沼の公式サイトには「現在、大沼ネットショッピングからのご注文はお受けできません」との表示

 日本百貨店協会に加盟する百貨店としては山形県唯一だったため、山形県は同協会加盟店のない県となります。

 百貨店に逆風が吹き続ける中、地方の百貨店は特に厳しく、同協会加盟店が1店のみの県は茨城県、山梨県、岐阜県、富山県、和歌山県、福井県、島根県、香川県、高知県、徳島県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県──の15県。このうち、徳島県の「そごう徳島店」は20年8月末で閉店することが決まっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響