メディア
ニュース
» 2020年01月28日 19時00分 公開

Atariがゲームホテルをオープンへ VR・ARゲームも活用、eスポーツ施設も

2020年春に米アリゾナ州フェニックスにて着工予定です。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米ビデオゲーム会社Atariは1月27日(ニューヨーク時間)、ゲームを題材とした宿泊施設をオープンすることを発表しました。年内にアリゾナ州フェニックスで建設を開始し、その後は米国各地にて順次建設を進める予定です。


ゲームホテルが爆誕へ Atariが宿泊事業に進出 ビデオゲームがテーマのホテル(画像はATARI HOTELより)

 同社はATARI HOTELSについて、ゲームを主題にした宿泊体験の提供をすると述べています。従来のビデオゲームだけでなく、VRやARといった最新ゲームも活用することで、年齢やゲームスキルに関係なく没入できるひとときを提供する、エンターテインメント型宿泊事業を目指すとのこと。またホテルのいくつかにおいては、eスポーツイベントのための最先端施設やスタジオを備える予定です。

 最初の建設作業はアリゾナ州フェニックスで始まり、その後はラスベガス、デンバー、シカゴ、オースティン、シアトル、サンフランシスコ、サンノゼと建設を進めていく予定となっています。


 公式サイトを既に公開しており、限定オファーを受け取れる「ATARI HOTEL MEMBERS」の登録受付を実施中です。また、TwitterなどのSNSアカウントも開設済みで、これからの更新が期待されます。Instagramでは既に2件の投稿があり、ホテルのオープンを待ち望む声が寄せられました。


ゲームホテルが爆誕へ Atariが宿泊事業に進出 公式サイトもオープン。2020年中に着工予定(画像はATARI HOTELより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.