ニュース
» 2020年01月29日 17時18分 公開

LINEの19年通期は468億円の最終赤字 LINE Payへの投資が負担に

LINE Payの国内MAUは370万人。

[ねとらぼ]

 LINEが1月29日発表した2019年12月期通期の連結決算(国際会計基準)は、最終的なもうけを示す純損益が468億円の赤字(前期は37億円の赤字)でした。広告など主要事業は堅調に推移したものの、LINE Payなどへの投資負担が響きました。

フォト LINE Payを含む戦略事業は大幅な赤字が続いている(決算説明資料より)

 売上収益は前期比9.8%増の2274億円。本業のもうけを示す営業損益は389億円の赤字(前期は16億円の黒字)でした。

 LINE上の広告やコンテンツなどを含む「コア事業」の売上収益は10.3%増の1967億円、営業利益は18.9%増の315億円。広告売り上げの増加が増収増益に貢献しました。

 一方、LINE Payを含む「戦略事業」の売上収益は6.9%増の307億円と増収だったものの、営業損益は665億円の赤字。LINE Payの利用促進を図るキャンペーンの費用などがかさみました。

 10〜12月期のLINE Payのグローバル決済高は3550億円、グローバル月間アクティブユーザー(MAU)は650万人。国内MAUは370万人と、前四半期の286万人から成長しています。ただ、単純な比較はできないものの、2300万人超というPayPayのユーザー数に水をあけられている状況です。

 LINEはヤフーの親会社Zホールディングスと経営統合することで合意しており、10月までに統合を完了する予定です。PayPayとLINE Payという重複するサービスがどうなるのか、現時点では発表がありません。

フォト LINEの株価推移(Yahoo!ファイナンス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.