ニュース
» 2020年01月31日 19時00分 公開

人がいねぇ、店もねぇ、クルマもそれほど走ってねぇ あえて「終電で終点へ」行くというユニークな旅人がTwitterで話題に(1/2 ページ)

深夜徘徊はワクワクしますもんね。あえてやってみるのも面白いです。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 「終電で寝過ごして、終点まで行ってしまったらどうしよう」をあえて体験してみる。終電で終点まで行って、深夜の街を歩きながら朝まで過ごすという一風変わった旅を続けている中尾拓彦さん(@nakao_takuhiko)が人気を集めています。

終電で終点 気付けば帰れない……なんてことも(筆者撮影)

 公共交通の「最後の砦」ともいえる終電。逃すことなく、なんとか乗ることができても、降りる駅を寝過ごしてしまい……うっかり終点まで行ってしまったなんて経験をした人は少なくないはず。筆者もあと数駅で最寄り駅というところで力尽き、終点まで運ばれて途方に暮れたという経験が何回もあります。

終電で終電 飲み過ぎ注意

 そんな苦い経験をあえて楽しもうというユニークな旅が、中尾さんが趣味で続けている「終電で終点へ」という旅で、自身のTwitterで車内の様子から、終点に着いてから朝までどう過ごしたかを実況投稿しています。2016年の都営大江戸線 光が丘駅から始まり、2020年1月現在では神奈川県や埼玉県、さらに山梨県など17カ所の「終点」を訪れています。

 旅のおもしろさ、なぜ始めたのか。あえて「終電で終点へ」いくという旅人、中尾さんに魅力を聞いてみました。

終電で終点 シリーズ化している「終電で終点まで行ってみた」

これまでに訪れた駅

  • 中央本線(中央線) 大月駅
  • 北総鉄道 印旛日本医大駅
  • みなとみらい線線 元町・中華街駅
  • 小田急多摩線 唐木田駅
  • JR東海道線 国府津駅編
  • 京急空港線 羽田空港国内線ターミナル駅
  • 東武東上線 森林公園駅
  • 京王線 桜上水駅
  • 東武日光線 南栗橋駅
  • 東京メトロ有楽町線 新木場駅
  • 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅
  • 東葉高速鉄道 東葉勝田台
  • 西武池袋線 飯能駅
  • 埼玉高速鉄道 浦和美園駅
  • 都営三田線 西高島平駅
  • 東急田園都市線 中央林間駅
  • 都営大江戸線終点 光が丘駅

始めたきっかけは帰宅中の好奇心から

 この企画は7年ほど前に六本木でアルバイトをしていたという中尾さんが、日比谷線で帰宅中にふと「これ終電で寝過ごしたらどうなっちゃうんだろう」という疑問から生まれ、「行ってみたい」という思いにつながったそうです。

 日比谷線は中目黒や恵比寿、六本木、銀座という東京のド真ん中を通る路線であるのに、その先に「行き先が東武動物公園や北春日部、南栗橋という、(住んでいる人にとっては失礼な話ですが)都民にとっては埼玉のどこにあるかもわからない場所というギャップ」に面白さを感じたそうです。

 そして、色々な路線の終点を調べてみると、「森林公園」「印旛日本医大」「浦和美園」といった駅もなかなかすごそうだということに気が付いたそうで、「どうせなら全路線行ってやろう」という気分が高まり、「終電で終点へ」の企画が生まれましたそうです。

 また、「一応、誤って乗り過ごしたときの対処法という形の大義名分を掲げていたこともあるのですが、本当はただの変な旅行です。放送作家という仕事をしているので、何か変わったことをしたいという思いもありましたし、ちょうどクレイジージャーニーがリヤカーマンでギャラクシー賞を取ったころで、自分もそんなことしてみたいという気持ちがあったのかもしれません」と、本音も教えてくださいました。

 一口に終点の駅といっても、駅前が栄えている場合もあれば、絶望的に何もないヤバい駅など、駅の規模はさまざま。

 中尾さん「これまでの旅で思い出に残っている駅」を聞くと、最初に訪れた光が丘駅を挙げました。「最初に訪れた駅が光が丘駅でなければ、こんなことを趣味にしようなどと思わなかったのではないか」と自身のnoteに綴っています。

終電で終電 「終電で終電まで行ってみた」の最初の駅は光が丘駅だったといいます(中尾さんのTwitterから)

 このころはまだ「思いつき」で旅立ったことから、「コンビニがまったく見当たらないと思ったら実はあった」など、現地の情報があいまいなことが多かったそうです。

 その反省を踏まえて敢行した東急田園都市線の終点「中央林間駅」への旅はTwitterでも大きな注目を集めました。中尾さんにとっても思い出深い旅になったようで、

 中央林間駅がある大和市では「待機児童数がゼロに」なったというご当地ニュースを発見。こういうのも旅の醍醐味だと言えそうです。

 駅のベンチに座っていた缶チューハイを持ったおじさんに話しかけられたときは「マジでビビった」そうです。そりゃ深夜にそんな状況になった誰でもビビる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/18/news111.jpg プロレスラー赤井沙希、月イチ美容施術後のセルフショットに反響 「あれだけ激しく戦ってこの美しさ!」
  2. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  3. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  4. /nl/articles/2201/18/news024.jpg 「この猫ベッド可愛すぎww」「偉そうな感じがたまらない」 クマのベッドをボコボコにする猫と微動だにしない猫の姿に反響
  5. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  6. /nl/articles/2201/18/news047.jpg 階段でこけた飼い主に愛犬が「どしたの〜!!」 どつきまくるワンコあるあるに爆笑と「助けようとしてる?」の声
  7. /nl/articles/2201/18/news020.jpg ヨウム「ラーメン」(低音) なぜか“ラーメン”だけイケボになる器用なヨウムに「聞けば聞くほど面白い」と爆笑の声
  8. /nl/articles/2201/18/news028.jpg 【漫画】料理を「手抜きみたいでごめん」と謝る妻に…… 夫のすてきな返しとやり取りにほっこりする声
  9. /nl/articles/2201/18/news104.jpg 落語家が遭遇したハプニングが見事な出オチ(物理)で100万回再生 まさかのドッキリ的展開に拍手と笑いが起きる
  10. /nl/articles/2201/17/news035.jpg 「いろんな意味でアカンやつやw」「全猫が行き倒れ」 ホットカーペットに全てを持ってかれてる猫の表情に爆笑

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  10. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」