ニュース
» 2020年01月30日 16時20分 公開

「新型肺炎の流行で東京オリンピック中止」のウワサがTwitterトレンド入り→本当に? 組織委員会は「中止は検討しておりません」

誤った情報に注意。

[ねとらぼ]

 1月30日、日本のTwitterで「東京オリンピック中止」がトレンド入り。新型肺炎の流行を受けて、IOC(国際オリンピック委員会)が中止を検討しているというウワサが広まっています。

 ですがこの情報は、とあるニュースサイトが臆測で付けた記事タイトルを基にしていると考えられ、東京2020組織委員会は「中止は検討しておりません」と否定しています。



1月30日11時ごろ撮影

 きっかけとなったのは、情報サイト「BUZZAP!(バザップ)」に掲載され、エキサイトニュースやニコニコニュースにも転載された記事「東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議」

 IOC(国際オリンピック委員会)とWHO(世界保健機関)がオリンピック中止を検討しているような印象を受ける記事タイトルですが、BUZZAP!がソースにしたというDPA通信の記事を確認する限りでは、中止の可能性については触れられていません。


中国でのコロナウイルスの大流行について、国際オリンピック委員会(IOC)も懸念を抱いています。東京オリンピック開催まで約半年。IOCはDPA通信の取材に対し、「IOCは世界保健機関(WHO)の専門家と連絡を取り合っている」と回答しました。

「感染症対策は、競技を安全に開催するうえで重要な部分です」組織委員会は感染事例を監視し、対策に必要な全ての関連組織と引き続き協力していきます。

以上、DPA通信の記事から抜粋


 なお東京2020組織委員会は、編集部の取材に対し「東京2020大会の中止は検討しておりません。IOCや関係機関と緊密に連携し、必要に応じて対策についての検討を進めていきます」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」