ニュース
» 2020年01月30日 16時49分 公開

東京ディズニーシー新エリア「ファンタジースプリングス」開業延期 2023年度の開業を目指す

2022年度の開業が発表されていました。

[ねとらぼ]

 東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは1月30日、東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」の開業を2023年度に延期すると発表しました。同エリアは、2018年6月に2022年度の開業を発表していました。

東京ディズニーシー新エリア開業延期 新エリア「ファンタジースプリングス」の全景(イメージ)

 東京ディズニーシーの第8のテーマポート「ファンタジースプリングス」は、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマとしたエリア。「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」をテーマにした3つのエリアと、新たに開業するディズニーホテルからなる、東京ディズニーシー開業以来最大規模の面積拡張・開発を経て完成する新エリアです。(関連記事

 オリエンタルランドは、開業延期の理由を「本プロジェクトの研究および検証をさらに進めた結果」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.