ニュース
» 2020年01月30日 20時00分 公開

フィンランド一人旅で感じた“居心地のよさ” そのワケは…… 旅行の思い出をつづった漫画に心がほっこりする

フィンランド行ってみたくなる。

[ねとらぼ]

 フィンランドへの一人旅、何気なく感じた居心地のよさ――旅の思い出をつづった漫画に、「自分も行った時に同じ事を思いました」「フィンランドに思わず行きたくなりました」と反響が寄せられています。

 漫画の作者は画家のタダノさん(@tadano_chan)。タダノさんは「日本で見たフィンランド絵画をもっと見たい」という思いから、2019年の11〜12月にフィンランドへ一人旅することを決定。英語は苦手ながらも、フィンランドの首都ヘルシンキを巡りました。

フィンランドへの一人旅 フィンランドへ一人旅をすることにしたタダノさん
フィンランドへの一人旅 日本語が通じるところもあったものの、本当に何を話しているかわからないことも
フィンランドへの一人旅 旅先での親切って、すごく身にしみますよね
フィンランドへの一人旅 「居心地のよさ」のワケは……

 フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語。時には言葉が全くわからない状態にもなりましたが、道を教えてもらったり、セルフレジで出たエラーに困っていたら隣のお客さんが助けてくれたり……と、「言葉でうまく伝えられないのに度々助けられたし みんな親切でした涙」と振り返ります。

 さらにタダノさんは、旅行中「居心地のよさ」を感じたとつづっています。その理由は「人に見られている感じがしない〜!」。身長や年齢、性別や化粧など「いつも周りには色々な視覚的要素と判断がある気がしていたけど それがない…! あったとしてそれを感じない」と違いを感じたことを描き、「いつも何気なく感じているものは 少し外に出たら ないのかもと思った」と結んでいます。

 旅の思い出と、日本とはまた違うカルチャーの中、旅行者という立場で感じた思いをやさしいタッチで描いた漫画は、7500リツイート以上の反響。「私もフィンランドで一人で歩いて迷っていると老若男女問わず様々な方に助けてもらいました」と助けてもらった思い出や、「日本だと言葉も分かる分他人の会話が聞こえてきたりするのが海外だと無くなるのがすごく好きです」と海外での“見られている感じがしない”感覚に共感する声が寄せられています。

フィンランドへの一人旅 フィンランドへの一人旅 フィンランドへの一人旅 フィンランドへの一人旅

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.