ニュース
» 2020年01月31日 20時30分 公開

火花を散らすジンギスカンの派閥争い 道民のバトルを描いた漫画に道民から「あるある」 (1/2)

ジンギスカンが食べたくなる。

[ねとらぼ]

 北海道民がジンギスカンの食べ方をめぐって火花を散らす漫画が、道民から反響を呼んでいます。

 漫画はあおいくじら(@11aoiwhale13)さんがとなりのヤングジャンプで連載中の漫画『ギークサークルクライシス 姫の恋路はバグだらけ』の一編。北海道の奥地にあるオホーツク大学のサークル「電子創作同好会(デンソー)」を舞台にした“オタサーの姫”みなもを主人公とするラブコメです。

自分の信じる“本場”を譲れない道民の争い

 Twitterに投稿された「ジンギスカン、食べさせてみた」は、サークルでのジンギスカンパーティーのエピソード。みなもは、恋のライバル(?)である東京からの編入生・夢海にジンギスカンで差をつけようとするのですが……。

 「肉を焼いてタレをつける“あとづけ”か、タレと肉が一緒になった“漬け込み”か」で、みなもは片思い中の花屋敷とバトルに。「札幌が北海道のスタンダードだから」合わせるべきというみなもに「勝手に北海道の代表気取り」「ジンギスピーポーを名乗ってほしくない」と反撃する花屋敷。その言葉に「(北海道の)右側の分際でッ!!」とみなもの闘志に火が付きます。

「ジンギスピーポーを名乗ってほしくない」に激昂するみなも

 マトンを買ってきたみなものジンギスシップに疑問を呈す花屋敷、漬け込みは肉の味が分からなくなると主張するみなも。道外出身である夢海の初ジンギスカンゆえに、自分の信じる“本場”を譲れず、ヒートアップする2人でしたが……ごはんをよそおうとした夢海を「ごはんはおむすびにするの!!」と息ピッタリでブロックしたことで争いは収束するのでした。

 あとづけ、漬け込み……ジンギスカンに詳しくない人には、初めて知ることがたくさんあって新鮮なお話です。北海道の人にはあるあるなようで、「最後の白米おにぎりにするの!はもう絶対にしたいです! それを焼いて、ジンギスカンのタレ塗って焼きおにぎりすると旨い!!」「あるあるだなあ。自分は松尾のお膝元なので漬け込み派ですが、タレも嫌いではないです」「タレはベル食品派かソラチ派かで二分化される」など道民ならではのリプライが寄せられていました。

ギークサークルクライシス「ジンギスカン、食べさせてみた」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.