ニュース
» 2020年01月31日 17時00分 公開

優雅な外観でパワフルな走りが楽しめる BMW、最上級4ドアクーペに600馬力を超えるチューンドモデル「M8 グランクーペ」を追加(1/3 ページ)

ツーリングからサーキットまで活躍できる4ドアクーペです。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 BMWは1月28日、最上級クーペの4ドアモデル「8シリーズ グランクーペ」に、超高性能モデル「M8 グランクーペ」を追加すると発表しました。

photo BMW「M8 グランクーペ」(写真:BMW、以下同)

 M8 グランクーペは、快適な室内空間と高い走行性能を備えたBMW「8シリーズ グランクーペ」(関連記事)をベースにスペックアップを施したチューンドモデル。4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンと8速トランスミッションを搭載して、最大出力600馬力、最大トルク76.4kgf-m(750Nm)を発揮します。また、さらに性能を高めた「Competition」モデルも用意しており、最大625馬力を発揮します。

photo M8 グランクーペの側面

 駆動方式には4輪駆動システム「M xDrive」を採用。さらに2ドアクーペモデルのM8(関連記事)で初採用された「M専用インテグレーテッド・ブレーキ・システム」や、ドライバーが自由に走行モードをカスタマイズできる「Mモード」などを搭載。長距離走行はもちろん、サーキットでの走行にも対応しています。

photo 後方から見たM8 グランクーペ

 M8 グランクーペの価格は、通常モデルで2194万円(税込、以下同)、Competitionモデルで2397万円となります。納車は2月上旬から開始予定です。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  6. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  7. /nl/articles/2107/14/news145.jpg 安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
  8. /nl/articles/2205/27/news090.jpg “良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」
  9. /nl/articles/2108/21/news049.jpg 兄「スイカ切っておいて」→「なんだこれはwww」 妹にスイカのカットを頼んだらまさかの姿に
  10. /nl/articles/2205/20/news032.jpg バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響