ニュース
» 2020年02月03日 20時30分 公開

完璧な女装男子が女子会に潜入→バレてしまうも予期せぬ展開が待っていた漫画にドキドキ

この中にまだ女装男子がいる!?

[植木 鉢,ねとらぼ]

 性別を偽ってスイーツ女子会に参加したところ、些細(ささい)なミスから好きな相手に秘密がバレてしまい……!? そんな絶体絶命の状況から、予想外の展開が始まる「女装男子の漫画」に引き込まれる読者が続出しています。


女装オフ会 『女装してオフ会に参加したらやっちまった』

 ガラスの前で容姿をチェックしながらお店に入る主人公の「ココア」。記事冒頭で述べたように、その正体は女装男子です。その日は月に一度、女性4人(という名目で)開催しているスイーツオフ会。当初はスイーツ目当てで参加していた主人公でしたが、次第に目的がスイーツから参加者の1人・オペラさんと会うことにシフトしていました。


女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

 お近づきになりたい気持ちは強まる一方で、距離を詰められない理由がありました。それはもちろん性別を偽っているということ。

 そんな悩みを抱えていた主人公でしたが、うっかり便座を上げたままトイレを出たところを、よりにもよって気になるオペラさんに見つかってしまいます。「やらかした!」と顔面蒼白の本人をよそに、オペラは「ココアさんもかー」と一言。“も”?


女装オフ会

 そう。なんとオペラも女装男子だったのです! オペラは出会った当初からココアを女装男子ではないかと疑っており、今回の一件で疑惑が確信へと変わったとのこと。

 主人公を「女性より女性らしかった」と褒めるオペラ。すなわち「男にとっての理想を」演じてしまっていたことが原因でした。男であることがバレてしまい、まして気になる人も男だったことにショックを隠せない主人公。

 そして事態はさらなる展開へ。何かを言いたげなオペラの様子から、主人公の頭に1つの疑念がよぎります。参加者の半数が男性だったということは、残りの2人も同類なのでは……?


女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

 残り2人の性別を推理してみる主人公でしたが、解散の時間になりタイムオーバー。断片的な情報だけでは全く答えが分からず、それどころか「2人とも女性だったらクソ失礼」と、自分の行動の意味のなさを反省します。

 そして同時に、自分が好きになった人物はオペラであり、彼の性別を気にするのも無意味ではないかと気付かされます。去ろうとするオペラの魅力を再認識して、引き留めてしまう主人公なのでした。


女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

女装オフ会

 作者は漫画家のくらの(@kuranonn)さん。気になる終わり方をした漫画の続きは、くらのさんのTwitterまたはpixivFANBOXに掲載される予定です。一体どうなってしまうんだ……!

 漫画を読んだTwitterユーザーからは「性別なんてどうでもいいや……」「男とか女とか関係なく好きになった人が好き」と恋心に性別なんて関係ないというコメントや、「女装男子は喉仏で判断するからココアさんは隠しているのか」と細かい描写に気付くコメントが寄せられました。

 作者のくらのさんはジーンLINEで『さんさん桜』、コミックジーンで『ブロードキャスト(原作:湊 かなえ)』を連載中です。 

画像提供:くらの(@kuranonn)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する