ニュース
» 2020年02月03日 15時00分 公開

家族が待つ家まで「ヨイショヨイショ」 両手いっぱいのニンジンをせっせと運ぶお父さんビーバーがかわいい

はたらくお父さん。

[カタクリコ,ねとらぼ]

 ニンジンをせっせと運ぶなんともいじらしいお父さんビーバーの動画がTwitterで公開され、25万いいねを超す人気となっています。



 撮影されたのは、熊本県にある公園「阿蘇ファームランド」内の「まなびのもり ふれあい動物王国」。ここでは両親と子ども、3頭のビーバー家族が暮らしています。ペタペタ歩いているのはお父さんビーバー。その両前足には……抱えきれないほどのニンジン!


ALT 園内を歩くビーバーさん
ALT その手には……ニンジン!
ALT せっせと家族の元に運びます

 どうやらこのお父さんビーバー、餌場からお家までニンジンを運んでいるみたいなのです。二足歩行で、とっても上手にニンジンを抱えて歩いています。途中、ごはん中のマーラにすれ違っても、脇目も振らずに愛する家族が待つ我が家へ一直線!


ALT ごはん中のマーラにすれ違っても
ALT 脇目も振らずに
ALT 我が家に一直線!

 さて、家に着いたお父さんビーバーですが……今度は両前足がニンジンでふさがっているため門がうまく開けられず困っています。ニンジンを落としてワタワタするお父さん……かわいい……!! 飼育員さんに門を開けてもらってやっと入れたお父さんですが、ニンジン1本落としてるよ―。あとで落としたニンジンを取りに戻り、門が簡単に閉まらないよう、大きく開けておく様子もなんともいじらしくてかわいいです。



 この一生懸命にニンジンを運ぶお父さんビーバーの姿にTwitterでは、「手伝ってあげたくなる」「頑張ってるお父さんすてき」「おとうさん、がんばれー!」など、頑張るお父さんを応援するコメントが多く寄せられました。でも、もしかしたら家族のためじゃなくて、全部自分で独り占めするのかも…!?

 投稿者のちまちゃん(@nn930310)さんによると、ビーバーさんたちは午前中は巣穴で寝ているので、午後2時過ぎに行くと会える可能性が高いとか。運が良ければお父さんビーバーがニンジンを運ぶ姿も見られるかもしれませんよ。

画像提供:ちまちゃん(@nn930310)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」