ニュース
» 2020年02月03日 17時15分 公開

超リアルな「アスパラベーコン印鑑カバー」に注文殺到 「おいしそう!」「こんなの買ってしまう」と人気集まる

製造会社も「今までにない売れ行き」と驚いていました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 リアルでおいしそうな「アスパラベーコン」の印鑑カバーがTwitterで話題になり、一時的に商品サイトがサーバダウン、さらに品切れになるほどの人気を呼んでいます。見てるだけでお腹が空いてくる……。


食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ めちゃくちゃアスパラベーコンだ……!

 シヤチハタの印鑑「ネーム9」専用のカバーで、付けると立派なアスパラベーコンにしか見えなくなります。ベーコンから出ているキャップも緑色で、さらに本物に近いサイズ感がたまりません。お弁当に入っていても違和感なさそう!


食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ もはや本物のアスパラベーコンに印鑑が入っているよう……



 印鑑カバーは食品サンプルの製造・販売を手掛けるながお食研によるもの。同社代表の長尾文美さんに話を聞いたところ、「全て手作りのため、一個一個焦げ色も違えば出来上がりも違います」とのこと。確かによく見ると、一つ一つに個性があります。

 それがまたリアリティーを生み出していますが、「味があって良いと言っていただくお客さまもいらっしゃいますが、そんなことより早く作ってくれ! と言われてしまいそうですね(苦笑)」と、長尾さん。人気が高まったこともあり、現在は製造スピードとの戦いともなっているようです。


食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 表面の質感表現がすごい……! 手作りのため、よく見ると1つ1つに個性があります

食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 爪ようじで刺して食べたくなる

 印鑑カバーシリーズの始まりは、2012年に登場したサクサク衣がおいしそうな「エビフライ印鑑カバー」。もともと「エビフライボールペン」という商品を販売しており、息子さんの「印鑑を入れてみたら?」の一言が着想のきっかけになったとのこと。こちらもネット上などで評判となり、ながお食研の看板商品になっていました。


食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 「エビフライ印鑑カバー」(※こちらもアスパラベーコンの人気を受けて現在売り切れとなり、増産中とのこと)

食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ キャップを閉じると完全なるミニエビフライに!

 他にも2015年には豚を丸々揚げたような「豚カツ」、2016年には「身体に悪いマヨネーズ丼」といったユーモアのある商品が話題に。





 ながお食研では過去にもTwitterのフォロワーが1日に何千人も増えたことがあったものの、その際の注文量への影響は限定的で、1日に40〜50件程度だったとか。ところが「今回のアスパラベーコン印鑑カバーはその比ではないです」と、長尾さんも反響に驚いている様子。通常3カ月分程度はストックしているそうですが、それでも注文がオーバーしてしまったようです。みんなアスパラベーコンが好きすぎる……!

 今後の在庫状況については、「2月6日〜7日にはある程度在庫が確保できて、発送を始められる見込みです」とのことでした。

 アスパラベーコン印鑑カバーの価格は2750円、海老フライ印鑑カバーは2970円。公式通販では他にも「かっぱ巻き印鑑カバー」や「鉄火巻き印鑑カバー」といったシヤチハタ印鑑(ネーム9)専用の商品を見ることができます(アスパラベーコンの影響で、2月3日現在は全て売り切れ中)。各アイテムの再販時期が知りたい人は、ながお食研公式Twitterアカウント(@nagaosample)をチェックすると良さそうです。


食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 「かっぱ巻き印鑑カバー」

食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 「鉄火巻き印鑑カバー」

食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 海苔の質感がまたすごい……

食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ食品サンプル ながお食研 アスパラベーコン 印鑑カバー シヤチハタ 印鑑スタンドも販売しています。左「焼とうもろこしのシヤチハタスタンド」/右「チョコミントのシヤチハタスタンド」(※いずれもネーム9専用)

画像提供:ながお食研(@nagaosample



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」