レビュー
» 2020年02月03日 17時30分 公開

「夫が浮気したときに悪口を言うために娘を産んだ」!? 弁護士のとんでもないアドバイスに恐怖 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

何じゃこりゃ……なアドバイス回。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは1月28日(火)放送の今井通子パーソナリティー回。

 年下の女性に入れあげている夫に、悶々としている女性からの相談。

テレフォン人生相談 「テレフォン人生相談」先週のハイライト

ご主人が一方的に日記のようなメールを……

 相談者は68歳女性。夫72歳。長女40歳。長男35歳。夫の浮気(?)相手は50代後半くらいの既婚・子持ち女性。

 「主人の女性関係についてちょっとご相談したいんですが」

 混声合唱団に所属している夫が、隣町の女声合唱団の女性と浮気しているのではないかと疑っているという。

 3年半前くらいから日常の交流やメールのやり取りをしていると聞かされており、1年前にはその女性にセーターをプレゼント。そのお礼としてチョコレートが送られてきたという。

 「それを聞いたところ、『何も他意はない』って言って怒るんですけど。(相手の女性に)『主人の軽率な行為で、ご迷惑かからないようにご注意をお願いします』っていうハガキを出したんですね」

 他の女性とメールしてるだの、プレゼントしただのといちいち報告する夫もどうかと思うが、いきなり相手にハガキを送りつける相談者のパワーもすごい。

 その結果、相手からはこんな返信が。

 「私もそういう感情はなくて、ご主人が一方的に日記のようなメールをくれて渋々返事したりとか……」

 女性が所属する合唱団の定期演奏会の際に観客動員を手伝ってくれたり、何かと世話を焼いてくれるためプレゼントはを受け取ったものの、それ以上の感情はないという。

 「『今後はこういうことは一切ありませんのでご安心ください』って来たんですけど……」

 しかし、今年になってから夫の日記をのぞいたところ、一日おきに手紙を出したり、本やCD、DVDを贈ったり、夜に電話したりしていると書かれていた。

 「『自分は何も悪いことはしていない、私(相談者)が曲解して受け取ってるだけだ』って言うんですけれども」

 相手の女性がウソをついているのか、それとも夫が一方的に粘着しているだけなのか、判断が難しい。

 今井通子は「ひょっとしたら、ご主人がストーカーじゃないの?」と直球で疑問をぶつける。

 「ストーカーまでは行ってないと思うんですけど。相手も受け入れているところを見ると」

 「でもアナタに対して相手は『迷惑してます』って言ってきたんでしょ?」

 そう言っておきながら、いまだにメールや電話をしている相手女性に対しても不信感を抱いているようだ。

テレフォン人生相談

 夫は、店員や銀行の受付の女性に「おきれいですね」なんて気軽に声をかけることがよくある、女性に対して前のめりなタイプらしい。女性が「迷惑している」というのが本当ならば、相談者の方が夫の行動をやめさせる必要もあるかもしれないのだが……。

 「どういう風に対処していけばいいのかなっていうのと、子どもたちにね、このことを話すべきかどうか、とても迷っているんですよね。ひとりで感情を整理できそうにないなって部分もありまして」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声