ニュース
» 2020年02月03日 19時46分 公開

ザクのリモコンでザクを操作!? 宇宙を漂うように動くガンプラがかっこよすぎる

超音波加湿器を応用した仕掛けが噴射しつつ、姿勢やモノアイが動きます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ランドセルや足の裏を光らせながら煙を吹き出す、リアルなザクIIのガンプラがかっこよいと大好評です。しかも、ザク形のリモコンを操作すると、効果音とともに航行姿勢が動くギミック付き。すごいポイントが多すぎて、ほめるのも大変なレベルです。


ザク 「グポーン」と、なじみ深い起動音とともに噴射口が発光。さらに水蒸気が噴き出し推進を表現

ザク

ザク ザクの頭を傾けると、台座から伸びた支柱が伸縮し、ザクの姿勢を傾けます

 数々の模型や電子工作を「なおの模型ブログ」で披露している、なお(@nao3_o3n)さんの作品。「ザクをザクで動かす」アイデアも秀逸ですが、何よりもすごいのが、ギミックが詰め込まれたザク。「メガサイズモデル 量産型ザク」をベースに、2019年3月から1年近くかけて作り込んできたという苦心の作です。


ザク ベースのメガサイズザク(3月30日のブログより)

 なおさんは48分の1スケールモデルの大きなサイズを生かし、電飾などのギミックをふんだんに盛り込もうと計画。ランドセルと足裏には、超音波加湿器の仕組みを組み込み、水蒸気を出して噴射を表現しました。


ザク 構想時に試験的に組み込んだ噴射装置(2019年3月30日のブログより)

 ザクの姿勢制御は、台座側に装置を組み込んで実現。4本の支柱をマイコン制御で上下に動かすことで、乗せたザクを前後左右に傾けています。


ザク 台座の試作段階。ザクを支える4本の柱で操演する(2019年7月29日のブログより)

 ザク本体の仕掛けが組み上がると、今度はザク形のリモコンに着手。1円玉よりも小さくて軽い無線マイコン「TWELITE」をベースに、回路図から自作しています。


ザク テストの様子(2020年1月12日のブログより)

 リモコンの操作部はジョイスティック式で、スティックにザクヘッドの模型をかぶせて表現。リモコンのザクもモノアイが光るうえに、押すと起動音が鳴るギミックが仕込まれています。


ザク リモコンの胴体には、デススターの模型を転用(2020年0月00日のブログより)


 ザクはまだ製作の途上で、今後さらにブラッシュアップされるもよう。完成形がどのような仕上がりになるのか楽しみです。


画像提供:なお(@nao3_o3n)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.