ニュース
» 2020年02月03日 22時30分 公開

海底を“歩く”サメが目撃される ひれを交互に動かしトカゲのように前進

器用です。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 Vimeoに投稿された、ひれを使って海底を歩くサメの動画が話題となっております。

 動画では、浅瀬にいるサメが胸ひれと腹ひれを交互に動かしてまるでトカゲのように海底を這うようにして歩く様子が見られます。このサメは、オーストラリア、ニューギニア島の沖合に生息し、今なお進化し続けているそうです。


歩くサメ まるでトカゲのように海底を歩くサメ(Vimeoより)

歩くサメ ひれを交互に動かして前に進むサメ(Vimeoより)

 動画は自然を守ることをビジョンとしているコンサベーション・インターナショナルのマーク・エルドマン氏が率いる研究チームが公開しました。このチームによって新たに4種類の歩くサメが確認され、現時点で9種類になるのだそうです。


歩くサメ もちろん普通に泳ぐこともできる(Vimeoより)

 研究チームに関わっているクイーンズランド大学のクリスティーン・ダッジョン博士によると、歩くサメは平均して体長が1メートル未満で人間に危害を加えることはなく海底にいる小さな甲殻類や軟体生物を捕食しているとのこと。ダッジョン博士は「まだ見つかっていない多くの種類の歩くサメが存在すると私は信じています」と述べています。

出展:Vimeo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.