ニュース
» 2020年02月04日 14時00分 公開

カピバラと猫を一緒にモフモフ触れ合えるカフェ「カピねこカフェ」が吉祥寺にオープン

日本で唯一(?)カピバラとねことふれあえるカフェ。

[中野友希,ねとらぼ]

 カピバラとねこにふれあえる動物カフェ「カピねこカフェ」が東京都武蔵野市にオープンしました。カピバラとねこが同時にモフモフできるのはここが日本で唯一!?


ALT 「カピねこカフェ」

 吉祥寺駅から徒歩すぐの場所にオープンした「カピねこカフェ」は、ドリンクを飲みながらカピバラやねこと一緒に写真を撮ったりエサをあげたり、まるでお家で飼っているかのような体験ができるカフェ。


ALT

 安全にふれあえるのか疑問に思うかもしれませんが、カピバラは人になでられるのが大好きな動物で、ねこたちとも仲良く暮らせる温和な性格なのだそうです。ずんぐりしたお顔に癒やされる。


ALT タワシ(男の子)お尻なでなででゴロンします
ALT ダン(男の子)カピねこカフェ副店長
ALT エマ(女の子)ダンときょうだい
ALT クリーム(男の子)みんなのアイドル!
ALT シルバー(男の子)クリームと兄弟

 同カフェでは地域と連携し保護ねこを迎え入れ、里親探しも行っています。ふれあえる環境なので、実際に会って相性などを確かめられそうです。ねこたちと楽しい時間を一緒に過ごすことで、保護ねこの居場所づくりにも貢献できます。


ALT おもちゃを使ってねことのふれあい
ALT もちろんソファでまったりくつろぐこともできます
ALT 店内はフォトジェニックなおしゃれ空間

 価格は、60分1ドリンク、カピバラおやつ付きで大人(中学生以上)が2200円、6歳〜小学生が1100円。延長30分につき追加で大人が1100円、6歳〜小学生が550円です。

 その他の詳細は公式サイトを確認しておくことをおすすめします。モフモフのカピバラさんとねこちゃんに会いに行ってみたい!

※価格は全て税込

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響