ニュース
» 2020年02月08日 09時00分 公開

「一生に一度の高級品はカルティエにしよう」 カルティエの接客の素晴らしさを描いた体験漫画に称賛集まる

この1度の接客でファンを増やす神対応。

[林美由紀,ねとらぼ]

 ふらっと入ったカルティエで素晴らしい接客をしてもらった経験を描いた漫画「マンガ家とカルティエ」に称賛が集まっています。作者は漫画家のニコ・ニコルソン(@niconicholson)さん。


マンガ家とカルティエ05 ステキな対応のマダムな店員さん

 家で仕事ばかりしていたというニコ・ニコルソンさん。打ち合わせで久々に外に出たところ、天気も悪いし人も多いことから心がすさみ「キラキラした美しいものが見たい」という欲求にかられたのだそうです。そしてその時、目の前にあった百貨店のカルティエにふらりと入ってしまったといいます。

 キラキラした宝石の美しさに心を洗われていたニコ・ニコルソンさんでしたが、ショーケースに映る自分の姿を見て場違いだと感じてしまいます。そんな時、店員さんに「何かお探しですか?」と声をかけられ、焦って挙動不審に……。しかし、見ているだけのニコ・ニコルソンさんにも、マダムな雰囲気の店員さんは笑顔で「どうぞゆっくりご覧になってください」と声をかけます。


マンガ家とカルティエ01 ついふらっとカルティエに入ってしまった


マンガ家とカルティエ02 場違い感に気がついたというニコ・ニコルソンさん

 カルティエに興味があることを伝えようと、先日行ったというカルティエの展覧会の話を一生懸命していたところ、「よろしければ、カタログをお持ち帰りになりますか?」と店員さん。まるで写真集のような豪華な装丁のカタログをカルティエのショップバッグに入れてくれました。そして店員さんは、お店の入り口で「いつかご縁ができましたらまたいらしてください」と頭を下げ、ニコ・ニコルソンさんをお見送りしてくれます。

 高級店にふさわしい接客を受け、ニコ・ニコルソンさんは「いつか一生に一度、1つだけ高価なものを手に入れるのなら、カルティエにしよう……」と心に誓うのでした。


マンガ家とカルティエ03 写真集のようなカタログを渡される


マンガ家とカルティエ04 高価なものを買う時はカルティエにしようと心に決める

 もしかしたら塩対応されるかもしれない……ついついそんな考えが頭をよぎり、高級ブランドショップに入ることをためらうこともあります。でも、今回のように買わないお客さんに対しても温かい対応をしてくれるなら、一気にファンになってしまいそうですね。ここぞという時にはこんな体験をさせてくれるお店、定員さんにお願いしたい! 余裕のある豊かな対応が本当にステキです!

 この漫画の読者からは「購入しない人にも素晴らしい対応! こういうことがあると、機会があればここで買います! って気になりますよね。未来のお客様を育てるのも店員次第ですね」「素晴らしい。高級ブランドには、高級ブランド足りうる理由があるということを、あらてめて感じます」「カルティエの接客素晴らしいですよね。自分も接客に感激して婚約指輪と結婚指輪をここで買いました」など、カルティエの素晴らしい接客を絶賛するコメントが集まっています。

 作者ニコ・ニコルソン(@niconicholson)さんは、『マンガ 認知症』『アルキメデスのお風呂』『ナガサレール イエタテール』など手掛けています。また、雑誌『美術手帖』に連載された『根本敬ゲルニカ計画』が単行本化されています。

画像提供:ニコ・ニコルソン(@niconicholson)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響