ニュース
» 2020年02月04日 16時30分 公開

「ヤマザキ春のパンまつり」をゲーム風に攻略するガチ勢がすごい 「まさかの下方修正ラッシュ」「ダブルソフトの格下げで激震」

山崎製パンの各商品で「シール1点分を得るのに何円かかるか」を「効率」として集計し、過去5年に渡り公開。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2020年2月1日、恒例の「ヤマザキ春のパンまつり」が始まるにあたり、毎年「いかに低出費で効率良く白い食器をもらうか」を検証しているブログ「ゲムぼく。」が注目を集めています。「パンまつり40周年というめでたさからインフレ気味になるかと思いきや、まさかのナーフ(下方修正)ラッシュ」「ロイヤルブレッドと並んで2強と呼ばれてきたダブルソフトの3.0→2.5への格下げ」など、ネットゲームのアップデート速報めいた文言が目白押しで「ガチ勢すげえ」ってなる。


パンまつりガチ勢 「2020年は、世界中の人々が日本にやってくる大型イベントがふたつもある。『東京オリンピック・パラリンピック』と『ヤマザキ春のパンまつり』だ」……初手から全力でカッ飛ばしていて、企画はもちろん文章も楽しい

 文章がゲーム寄りなのもそのはず、同ブログは本来「ゲーム中心の趣味ブログ」。十数年前からパンまつりに参加してきた管理人が、2016年に「今年は3〜4枚の獲得を狙う」と思い立ち、「ヤマザキ春のパン祭り徹底攻略」記事を投稿開始。以来、公式サイトで公開されている山崎製パンの各商品ごとに「シール1点分あたり何円かかるか」を割り出し(※)、毎年ランキングとして公開してきたのが企画の経緯です。

※「各商品のネットスーパー(イオンネットスーパー/マツモトキヨシ/SEIYU/ダイエー/ヤオコー)における平均実売価格(税込)÷付随する点数」を算出し、「効率」として評価(小数第3位を四捨五入)

パンまつりガチ勢 2020年版「効率」ランキング

 管理人は多い年で300種類ほどにも及ぶ商品のデータを毎年集計し、講評とあわせて掲載。2020年は前述のように、全般的な「効率」の下方修正を指摘し、例年は3点付いていたダブルソフトのシールが2.5点に格下げされた件を特記しています。


パンまつりガチ勢 2019年版ランキング。ロイヤルブレッドプレミアムとダブルソフトが双璧をなしていた

 これまでダブルソフトとロイヤルブレッドは特に効率値が高く、両者をローテーションで購入する「ロイダブローテ」は鉄板の攻略法とされていました。その効果自体は今もなおトップクラスながら、ローテ1周で得られるポイントは5点から4.5点へ減り、効率は例年の1割減。これをして、管理人は「毎年ダブルソフト中心に戦略を立ててきたダブルソフターたちへの影響は少なくない」「格下げ発表当日、一部のファンサイトが大荒れになっていたのを見た人も多いだろう」と評しています。……「ホントかよ」とツッコみたい箇所がいくつかあるけれど、真剣さに圧倒されて何も言えない。


パンまつりガチ勢 渦中のダブルソフト。格下げされてもなお3位につけており、弱体化の憂き目に遭うほどの実力者であったといえる

パンまつりガチ勢 今期もローテの柱として期待がかかるロイヤルブレッド。効率重視ならばダブルソフトを切り捨て、こちらをソロでいく非情采配もあり得る

パンまつりガチ勢 2020年のトップに立った十二穀ブレッド。ただし「3枚入」という条件がネックとなり、活躍できる場面は限定的かもしれない

 このような「パンまつりガチ勢」の考察をユーモアたっぷりにつづったブログは、Twitterを中心に広まって大好評。「熱量の高さに笑った」「書き方がスト2ダッシュターボでガイルが弱体化したときのゲーメストみたい」と感心する声が上がる一方、「ダブルソフトはスーパーで頻繁に値引きされるうえに3点という最強のパンだったのに」「うちの近所ではロイヤルブレッドと塩バターフランスがよく期間限定購入コスト半減バフ(半額シール)の対象になって効率2倍」など、ガチ勢からのコメントも寄せられています。

 これほどパンまつりが大好きな「ゲムぼく。」管理人に、歴代で一番好きな景品を聞いたところ、長野オリンピック公式キャラクター「スノーレッツ」が印刷された1997年版のお皿とのこと。「デザインが素敵なのはもちろんですが、当時、そのお皿をスーパーで受け取るときの母親がすごくいい笑顔をしていたのが印象的で。しかも翌日、ダブルソフトで手の込んだフレンチトーストを作って、そのお皿で出してくれたんです」と、心温まるエピソードを打ち明けてくれました。

 その当時、子ども心に「春のパンまつりは人や家族を幸せにする力がある」と感じ、「そのころから山崎製パンのとりこだったのかもしれない」と語る管理人。そんな彼が「効率」を抜きにして好きなパンは、Pasco(敷島製パン)のイングリッシュマフィンだそうです。そこヤマザキじゃねえのかよ。


パンまつりガチ勢 ちなみに、山崎製パン公式もPRを兼ねて、「デイリーヤマザキは集めやすい」と攻略めいたページを公開中。同店の場合、パン以外の商品でも点数を集められます



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」