ニュース
» 2020年02月04日 21時30分 公開

「できるかな」&「にこにこ、ぷん」 懐かしのNHKキャラクターがサンリオコラボでよみがえる

毎日見てた人も多そう。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 NHKの子ども番組「できるかな」と「にこにこ、ぷん」のキャラクターをサンリオがアレンジするデザインプロデュースが決定。かわいらしいデザインイラストが公開されました。

サンリオコラボ 「できるかな」デザイン1

できるかな

 「できるかな」は、1970年から1990年までNHK教育テレビで放送されていた幼稚園・保育園向けの造形教育番組。チューリップハットが印象的なノッポさんと相棒のゴン太くんが、身近な素材で作り出す作品が人気を集めました。

 今回発表されたデザインは2種類。ノッポさんとゴン太くんのかわいらしさを表現したものとクラフトペーパーの上にデザインしたものがあります。周りに描かれているのは、ハサミやテープなど工作に欠かせないグッズたち。どんな商品が誕生するのか楽しみです。

サンリオコラボ 「できるかな」デザイン2
サンリオコラボ ゴン太くん(左)とノッポさん(右)

にこにこ、ぷん

 「にこにこ、ぷん」は1982年から1992年まで「おかあさんといっしょ」内で放送された人形劇。ウラオモテ山猫の「じゃじゃ丸」、ふんボルトペンギンの「ぴっころ」、ネズミの「ぽろり」の3人が活躍しました。

 「にこにこ、ぷん」のデザインは、色味を淡くシンプルに表現したもの、レトロな世界観をポップに表現したもの、放送当時の世界観をそのままデザインしたものなど。「かしの木おじさん」や「はなばなガールズ」も登場しています。

サンリオコラボ 「にこにこ、ぷん」デザイン1
サンリオコラボ 「にこにこ、ぷん」デザイン2
サンリオコラボ (左から)ぽろり、じゃじゃ丸、ぴっころ

 NHKの番組で活躍したオリジナルキャラクターをサンリオがデザインプロデュースするのは今回が初。番組を見ていた20代後半から30代の女性に向けた商品展開を予定しており、ライセンシー企業を募集しているそうです。

(C)NHKエンタープライズ,(C)スタジオじゃぴぽ/NPE



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」