ニュース
» 2020年02月04日 21時30分 公開

「できるかな」&「にこにこ、ぷん」 懐かしのNHKキャラクターがサンリオコラボでよみがえる

毎日見てた人も多そう。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 NHKの子ども番組「できるかな」と「にこにこ、ぷん」のキャラクターをサンリオがアレンジするデザインプロデュースが決定。かわいらしいデザインイラストが公開されました。

サンリオコラボ 「できるかな」デザイン1

できるかな

 「できるかな」は、1970年から1990年までNHK教育テレビで放送されていた幼稚園・保育園向けの造形教育番組。チューリップハットが印象的なノッポさんと相棒のゴン太くんが、身近な素材で作り出す作品が人気を集めました。

 今回発表されたデザインは2種類。ノッポさんとゴン太くんのかわいらしさを表現したものとクラフトペーパーの上にデザインしたものがあります。周りに描かれているのは、ハサミやテープなど工作に欠かせないグッズたち。どんな商品が誕生するのか楽しみです。

サンリオコラボ 「できるかな」デザイン2
サンリオコラボ ゴン太くん(左)とノッポさん(右)

にこにこ、ぷん

 「にこにこ、ぷん」は1982年から1992年まで「おかあさんといっしょ」内で放送された人形劇。ウラオモテ山猫の「じゃじゃ丸」、ふんボルトペンギンの「ぴっころ」、ネズミの「ぽろり」の3人が活躍しました。

 「にこにこ、ぷん」のデザインは、色味を淡くシンプルに表現したもの、レトロな世界観をポップに表現したもの、放送当時の世界観をそのままデザインしたものなど。「かしの木おじさん」や「はなばなガールズ」も登場しています。

サンリオコラボ 「にこにこ、ぷん」デザイン1
サンリオコラボ 「にこにこ、ぷん」デザイン2
サンリオコラボ (左から)ぽろり、じゃじゃ丸、ぴっころ

 NHKの番組で活躍したオリジナルキャラクターをサンリオがデザインプロデュースするのは今回が初。番組を見ていた20代後半から30代の女性に向けた商品展開を予定しており、ライセンシー企業を募集しているそうです。

(C)NHKエンタープライズ,(C)スタジオじゃぴぽ/NPE



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響