ニュース
» 2020年02月04日 21時30分 公開

「できるかな」&「にこにこ、ぷん」 懐かしのNHKキャラクターがサンリオコラボでよみがえる

毎日見てた人も多そう。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 NHKの子ども番組「できるかな」と「にこにこ、ぷん」のキャラクターをサンリオがアレンジするデザインプロデュースが決定。かわいらしいデザインイラストが公開されました。

サンリオコラボ 「できるかな」デザイン1

できるかな

 「できるかな」は、1970年から1990年までNHK教育テレビで放送されていた幼稚園・保育園向けの造形教育番組。チューリップハットが印象的なノッポさんと相棒のゴン太くんが、身近な素材で作り出す作品が人気を集めました。

 今回発表されたデザインは2種類。ノッポさんとゴン太くんのかわいらしさを表現したものとクラフトペーパーの上にデザインしたものがあります。周りに描かれているのは、ハサミやテープなど工作に欠かせないグッズたち。どんな商品が誕生するのか楽しみです。

サンリオコラボ 「できるかな」デザイン2
サンリオコラボ ゴン太くん(左)とノッポさん(右)

にこにこ、ぷん

 「にこにこ、ぷん」は1982年から1992年まで「おかあさんといっしょ」内で放送された人形劇。ウラオモテ山猫の「じゃじゃ丸」、ふんボルトペンギンの「ぴっころ」、ネズミの「ぽろり」の3人が活躍しました。

 「にこにこ、ぷん」のデザインは、色味を淡くシンプルに表現したもの、レトロな世界観をポップに表現したもの、放送当時の世界観をそのままデザインしたものなど。「かしの木おじさん」や「はなばなガールズ」も登場しています。

サンリオコラボ 「にこにこ、ぷん」デザイン1
サンリオコラボ 「にこにこ、ぷん」デザイン2
サンリオコラボ (左から)ぽろり、じゃじゃ丸、ぴっころ

 NHKの番組で活躍したオリジナルキャラクターをサンリオがデザインプロデュースするのは今回が初。番組を見ていた20代後半から30代の女性に向けた商品展開を予定しており、ライセンシー企業を募集しているそうです。

(C)NHKエンタープライズ,(C)スタジオじゃぴぽ/NPE



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ