ニュース
» 2020年02月04日 19時04分 公開

水曜から 今季一番の大雪と厳寒か 全国8割で氷点下

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 5日(水)から6日(木)にかけて今季一番の寒気が流れ込むでしょう。北海道の日本海側から北陸は雪で、今季一番の大雪の所も。近畿北部から山陰も雪が降り、山沿いで積雪が急増しそうです。晴れる太平洋側も北風が冷たく、朝は今季一番の厳しい冷え込みの所もあるでしょう。

今季最強の寒気

 5日(水)から6日(木)にかけて、強い寒気が流れ込むでしょう。東北の上空1500メートル付近にはマイナス18度以下の寒気が流れ込む予想です。これは今季最も強いだけでなく、数年に一度レベルの強い寒気です。関東の上空1500メートル付近にもマイナス13度くらいの今季最も強い寒気が入る予想です(なお、平地で雪を降らせる寒気の目安はマイナス6度以下です)。

 暖冬傾向の続く今冬ですが、立春過ぎに、強烈な寒気が入ってきそうです。

大雪・厳寒

 【大雪】5日(水)から6日(木)にかけて、北海道の日本海側から北陸は雪が強まるでしょう。特に、東北や北陸では今季一番の大雪となる所もありそうです。これまで雪の少なかった所も一気に積雪が増えるでしょう。大雪による交通への影響に注意、警戒が必要です。近畿北部や山陰の平地でも雪が降り、山沿いを中心に積雪が急増しそうです。太平洋側は晴れますが、北風が強いでしょう。

 【厳寒】北海道や東北北部は真冬日(最高気温が0度未満)の所が多いでしょう。日中も凍える寒さになりそうです。朝の最低気温は北海道の内陸部では氷点下25度くらいまで下がる所もあるでしょう。関東や東海、近畿、中国地方でも6日(木)から7日(金)は最高気温が10度に届かず、日中も北風が冷たく感じられそうです。朝は厳しい冷え込みで、6日(木)と7日(金)は全国のアメダスの約8割で冬日(最低気温が0度未満)になる予想です。都市部でも0度前後まで気温が下がり、名古屋では今季一番の冷え込みになりそうです。

 今回の寒気も長く居座り続けることはありませんが、急な大雪と寒さに注意、警戒が必要です。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.