メディア
ニュース
» 2020年02月05日 09時00分 公開

肉も魚も使わない 禅の心を受け継いだ「精進料理」のカップラーメンが誕生

味が気になります。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 精進料理に使われる素材だけで作ったカップラーメン「精進ラーメン禅道(醤油)」が誕生しました。

精進ラーメン禅道 精進ラーメン禅道(醤油)

 精進料理とは、禅宗文化の中で大切にされてきた「仏様の教えに沿った修行としての食事」。肉・魚・卵や五葷(ごくん/香りの強いニンニクなどの野菜)を使わない、食材の味や特性を生かした献立です。

 今回の商品開発は、これらの食品を使わないでラーメンのコクとうま味を表現するのが最大の難関だったとのこと。3年の年月をかけて完成されたベースは、醤油に昆布と野菜のうま味を染み渡らせた“昔懐かしい味わい”とのことです。

 上に乗せる具材は肉の代替として話題になっている「大豆肉(ソイミート)」。ちんげん菜、人参、カボチャといった素材をプラスして、だしのうま味を引き出しています。

精進ラーメン禅道 カラフルな具材が乗っています
精進ラーメン禅道 パッケージ

 完成した「精進ラーメン禅道(醤油)」は1食(78グラム)あたり284キロカロリー。動物性食品を使っていないので、ベジタリアンやヴィーガンの方でも安心して食べられます。

 希望小売価格は300円(税込)。購入はzen-foods商品サイトから。麺が出来上がる3分間で楽しめるよう、禅宗のお寺(可睡斎/静岡県、城満寺/徳島県、最乗寺/神奈川)の名所を紹介したカードが付属しています(全12種類)。

 「精進ラーメン禅道(醤油)」を作ったのはアーネスト(新潟県三条市)とリ・バースラボ(東京都大田区)。リ・バースラボは4年ほど前に精進料理のカップ麺「我逢麺(がほうめん)そば・うどん」を発売しており、その際の反響の大きさが今回の開発につながったそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.