ニュース
» 2020年02月05日 14時00分 公開

こ、これは「インドスズキ顔」!! スズキ「イグニス」がマイナーチェンジ、5スロットグリル顔でググッとタフに(1/2 ページ)

かなりワイルドに。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 スズキは2月4日、コンパクトカー「イグニス」の2020年刷新(マイナーチェンジ)版を発表。同日に販売を開始しました。

よりSUVテイストを高めた刷新版「イグニス」 よりSUVテイストを高めた刷新版「イグニス」(2020年2月MC版)(写真:スズキ、以下同)

 イグニスは2016年2月に登場した1.2リッタークラスのコンパクト5ドア車。扱いやすい小型サイズの車体に、張り出したフェンダーと高い地上高を採用した、適度にワイルドで力強いSUVデザインを採用します。

 今回のマイナーチェンジで、よりSUVテイストを強めた新グレード「HYBRID MF」の追加に加え、本格派の軽オフロードモデル「ジムニー」(関連記事)と同様の「5スロットグリル」をデザインモチーフにした新たなフロントグリルに刷新しました。

SUV風デザインを採用した新グレード「HYBRID MF」 SUVテイストをより高めた新グレード「HYBRID MF」

 新たに追加したHYBRID MFは、エクステリアにスキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーやルーフレールを標準で備え、新たに用意したイメージカラー「タフカーキパールメタリック」とともにガツンとタフなイメージをより高めました。

スズキ「イグニス」のリアビュー スズキ「イグニス」のリアビュー
スズキ「イグニス」のインテリア スズキ「イグニス」のインテリア
インド市場向けSUV「エスプレッソ」 (参考)スズキのインド市場向け小型SUV「S-PRESSO「エスプレッソ)」。5スロットグリルのデザインはこちらを踏襲したと思われる
インド市場向けSUV「エスプレッソ」 (参考)前モデルの「イグニス」(2016年2月発売)

 安全走行支援機能や快適装備も強化。夜間乗降時に一定時間周囲を照らす「ガイドミーライト機能付きオートライトシステム」をスズキ車として初採用したほか、デュアルカメラブレーキサポートや誤発進抑制機能などを含む安全走行支援装備「スズキセーフティサポート」を標準で装備しました。

 ボディーサイズは3700(全長)×1660(幅)×1605(高さ)ミリ、ホイールベースは2435ミリ。重量は約850キロ(HYBRID MGグレード 2WDの場合)。燃費性能はHYBRID MGグレード(2WD)でリッター19.8キロ(WTLCモード、以下同)、HYBRID MGグレード(4WD)でリッター19.0キロ。

 価格はHYBRID MG(2WD)で152万2400円(税込、以下同)から、HYBRID MF(2WD)は183万9200円からです。

スズキ「イグニス」フォトギャラリー

よりSUVテイストを高めた刷新版「イグニス」 SUV風デザインを採用した新グレード「HYBRID MF」 スズキ「イグニス」のリアビュー スズキ「イグニス」のインテリア インド市場向けSUV「エスプレッソ」 インド市場向けSUV「エスプレッソ」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 スズキ「イグニス」 イグニスインド
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」