ニュース
» 2020年02月05日 18時00分 公開

子どものころの憧れ! コラボの特別な「セボンスター」もついてくる、きらきらファンシーな「セボンスター40周年記念BOOK」が発売

大人になっても宝物です!

[犀川,ねとらぼ]

 宝島社は、カバヤ食品の「セボンスター」の発売40周年を記念した「セボンスター 40th ANNIVERSARY BOOK meets THEATRE PRODUCTS」(1580円/税別)を2月4日に発売しました。

(セボンスターの発売40周年記念BOOKが登場) 「セボンスター 40th ANNIVERSARY BOOK meets THEATRE PRODUCTS」(1580円/税別)

 「セボンスター」は、カバヤ食品のキラキラなペンダントが入ったロングセラー玩具菓子です。定番シリーズの特徴的な六角形のパッケージは、発売から40年たった今でも変わっていません。

 キラキラした乙女心をくすぐるデザインと、シリーズごとに異なるデザインモチーフのペンダントは、子どもから大人まで世代を問わず愛され続けています。

 「セボンスター 40th ANNIVERSARY BOOK meets THEATRE PRODUCTS」には、セボンスターが誕生した1979年から40年の歴史を振り返り、年代ごとの商品の特長や新登場したアイテムなどが時系列で分かる「セボンスター歴史年表」や、歴代ペンダントや派生商品を紹介する「セボンスター図鑑」などを収録。

(セボンスターの発売40周年記念BOOKが登場) 現在のセボンスターと、初代のセボンスターのパッケージ

 このほか、漫画家・星野リリィ先生など、セボンスターファンからのコメントやイラストも掲載されています。

 見逃せないのは、本誌の特典として付属する、ファッションブランド「シアタープロダクツ」とコラボレーションした「セボンスター」と「ジュエリーセボンスター」のペンダント2点。ゴールドに赤い宝石がきらりと光る、セボンスターにはなかなかないシンプルなオープンハートのデザインは、コラボならではの大人っぽさを感じるデザインです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐