ニュース
» 2020年02月06日 19時00分 公開

栄冠はどのクルマに!? 「世界最速の市販車」決めるドラッグレース、米空軍基地で開催 日本代表はGRスープラ

毎年恒例、ここでしか見られない豪華すぎる顔ぶれ。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 海外の大手メディア「モーター・トレンド」は年に一度、最新スポーツカーを各国から集めて“世界最速”のマシンを決めるドラッグレースを開催しています。第9回となる今回は、2019年モデルから厳選された12台のクルマが参戦。日本代表はやっぱり、クルマ好きの話題をかっさらったあのクルマです。

ドラッグレース スーパーカー 世界最速 年に一度、世界最速の市販車を決める盛大なドラッグレースが開幕(写真はYouTubeから)

 空軍基地の滑走路を貸し切った広大なコースで行われるこのドラッグレース。エントリーしたクルマは全12台。「マクラーレン・セナ」「アストンマーチンDBSスーパーレジェーラ」「AMG GT 63 S 4MATIC+」「ジャガーXE SV Project 8」「ダッジ・チャレンジャー・ヘルキャット・レッドアイ」。

 「ランボルギーニ・ウルス」「ベントレー・コンチネンタルGT」「BMW 850i xDrive」「ポルシェ911カレラ4S」「マスタング・シェルビーGT350」「BMW M2コンペティション」、そして我らがトヨタ「GRスープラ」です。

 世界中のスーパーカー、スポーツカーの最強グレードがそろったそうそうたる顔ぶれです。この並びが見られるのはスゴすぎる……!

ドラッグレース スーパーカー 世界最速 スゴすぎる眺め。総額いくらだろう……

 激戦を制してトップでゴールラインを駆け抜けたのは、伝説のF1ドライバーの名を冠した「マクラーレン・セナ」。800馬力の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、マクラーレン史上最もサーキット志向で最速を目指したマシンです。

 パワーが物を言う直線勝負にも関わらず中間地点では2位に食らいついた「911 カレラ 4S」も見事な走りでした。残念ながらスープラは12位に終わってしまいました。

ドラッグレース スーパーカー 世界最速 今回の勝者はマクラーレン・セナ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.