ニュース
» 2020年02月06日 19時20分 公開

Twitterで議論となった「格闘ゲームのネット対戦は有線接続がマナー」に賛同できない理由 (1/2)

投げキャラ使いの皆さん、いつもディスっててごめんなさい。

[イッコウ,ねとらぼ]

 「無線」で格闘ゲームのネット対戦をするのはマナー違反か――そんな議論がTwitter上で広がっています。

 論争の発端とみられるのはEVO2020のメイン種目にも採用された「グランブルーファンタジー ヴァーサス」(以下、「GBVS」)の発売日が近づいたこと。さらに、最新話が公開される度にWebを騒がせる「ゲーミングお嬢様」の第4話で無線のプレイヤーとネット対戦することになった場合の過酷さが描かれたことも、今回の論争に影響を与えていると思われます。


画像 めっちゃ面白いのでみんな買いましょう(画像はグランブルーファンタジー ヴァーサスのTwitterより)

  フレーム単位の繊細な操作が要求される格闘ゲームでは、たった数フレームのラグが対戦バランスに大きな影響を与え、戦術を変える必要が出てくるケースも少なくありません。そのため、格闘ゲーマーの間では「回線が安定する有線接続でネット対戦をすること」が推奨されており、現在の格闘ゲーム界で覇権を握っている(と言っても過言ではない)「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」を手掛けた桜井政博さんも「通信環境を安定させるために有線LANの使用をお願いします」という趣旨の発言をしたことがあります。

有線の話題は19分ごろ

 ちなみに、さらっと同じ編集部のゲーマーに話を聞くと「桜井さんが言ってるんだから間違いない」とか「無線は死刑でいいでしょ」とか言われてしまい「ゲーマー怖っ……」と思ったのですが、思い返せば私自身もラグい状態で戦いを挑んでくる投げキャラ使いに対してはゲーミングお嬢様と同じくらいのテンションでキレ散らかすことがありますし、ひどいときには投げキャラを使っているというだけでキレ散らかすことがあるので、私には彼らを非難する権利はないのかもしれません。

 一方、有線接続は無線よりも煩わしいのは事実ですし、自宅の環境によっては無線接続しかできないケースもありえます。また、有線接続であれば絶対に回線が安定するとは言い切れず、無線回線であっても環境次第では有線接続と大差ないラグでネット対戦ができる場合もあります。ネット対戦でラグを感じることは確かにありますが、ほとんどの場合「ラグい相手だから無線」や「快適だから有線」とは断定できません。そのため、快適な対戦環境を目指す際に「無線か否か」だけを論点にするのは、本来は不毛なのかもしれません。


画像 有線でもラグるときはラグる

 そして何より、「このマナーが、格闘ゲームに新規で参入するプレイヤーの障壁になってはいけない」ということも忘れたくないところです。

 格闘ゲームは、新規プレイヤーが参入しづらいジャンルとして先鋭化していった2000年代初頭ごろ、「新規タイトルも出ず、プレイヤーがどんどん減少し、大会も開かれなくなっていく」という冬の時代を経験しています。この反省を踏まえ、現在の格闘ゲームコミュニティーは新規プレイヤーを取り込むための努力を続けている真っ最中です。こうした動きの中、人気スマホRPG「グランブルーファンタジー」を題材にした今作がリリースされるのはコミュニティーにとってまさに好機であり、格闘ゲーム沼へ新規勢を流入させる千載一遇のチャンスなのです。

 先述したように、筆者自身も対戦中のラグにブチg……頭を悩ませた経験はありますが、今回の件ではこういった理由で「無線で格闘ゲームをするのはマナー違反である」と啓蒙するのはちょっと抵抗がありますし、「グランブルーファンタジー」を長らく愛し、GBVSを楽しみにしてきたプレイヤーたちを「無線であること」を理由に排斥する権利はだれにもないはずです。実際、今回の件が広まり始めたことで「有線前提とかめんどくさい」的な意見を持つ人が散見されますが、こうした流れを見ると、ただの格ゲーおじさんである私も「貴重な新規プレイヤーが……」と思わずにはいられません。

 ちなみに、発売日である2月6日の0時から4時までぶっ通しでGBVSをプレイしたのですが、このゲームはガチの格闘ゲーマーはだけでなく、ライトに楽しんできた格ゲーマーや「グランブルーファンタジー」のファンも楽しめる(というかそっちがメインかもしれません)作りになっています。いずれにせよ、新規プレイヤーはガチ勢が格闘ゲームを楽しみ続けるためにも必須の存在ですから、まずは無線かどうかにこだわらずに楽しんでみて、ガチで楽しみたくなったら有線を検討する……というくらいで良いのではないかと思われます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン