ニュース
» 2020年02月08日 10時00分 公開

1895年の映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」をAIで4K 60fps化 ヌルヌル動く鮮明な動画が海外で話題に

「映画の父」リュミエール兄弟によるプリミティブな映画を、現代の技術で個人が補正。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1895年にフランスで製作された映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」を、現代の技術で補正した4K動画がYouTubeで注目を集めています。フレームレートも60fps(秒間60コマ)でヌルヌル動く。


ラ・シオタ 120年以上前の映画がソースとは思えないほど鮮明

ラ・シオタ そして迫力

ラ・シオタ 行き交う人々もクリアに映し出されている

 同作は「映画の父」と呼ばれるリュミエール兄弟が監督した、50秒のドキュメンタリーフィルム。これをDenis Shiryaevさんは、補正ツール「Topaz Gigapixel AI」で高解像度化し、フレーム補完ソフト「DAIN」でフレームレートを向上と、AI技術を用いたソフトで再編集しました。個人でこれだけのことができるとは。


ラ・シオタ ビフォー・アフターの比較映像も(動画の1分2秒ごろ)。右半分がビフォー、左半分がアフター


 コメント欄では「120年で世界が大きく変わった」「古い資料映像の復元に希望が持てる」などの賛辞が多数。Denisさんは「私はGithubで公開されているアルゴリズムを利用すれば誰でもできることをしただけ。功績はそれらを公開し人類に貢献している開発者にある」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.