ニュース
» 2020年02月08日 10時00分 公開

1895年の映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」をAIで4K 60fps化 ヌルヌル動く鮮明な動画が海外で話題に

「映画の父」リュミエール兄弟によるプリミティブな映画を、現代の技術で個人が補正。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1895年にフランスで製作された映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」を、現代の技術で補正した4K動画がYouTubeで注目を集めています。フレームレートも60fps(秒間60コマ)でヌルヌル動く。

投稿主が個人で補正をかけた4K版
ベースとなった元動画。パブリックドメイン化を経て出回っているものと思われる

ラ・シオタ 120年以上前の映画がソースとは思えないほど鮮明

ラ・シオタ そして迫力

ラ・シオタ 行き交う人々もクリアに映し出されている

 同作は「映画の父」と呼ばれるリュミエール兄弟が監督した、50秒のドキュメンタリーフィルム。これをDenis Shiryaevさんは、補正ツール「Topaz Gigapixel AI」で高解像度化し、フレーム補完ソフト「DAIN」でフレームレートを向上と、AI技術を用いたソフトで再編集しました。個人でこれだけのことができるとは。


ラ・シオタ ビフォー・アフターの比較映像も(動画の1分2秒ごろ)。右半分がビフォー、左半分がアフター

AIを用いて着色したバージョンも公開されています

 コメント欄では「120年で世界が大きく変わった」「古い資料映像の復元に希望が持てる」などの賛辞が多数。Denisさんは「私はGithubで公開されているアルゴリズムを利用すれば誰でもできることをしただけ。功績はそれらを公開し人類に貢献している開発者にある」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」