ニュース
» 2020年02月08日 10時00分 公開

1895年の映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」をAIで4K 60fps化 ヌルヌル動く鮮明な動画が海外で話題に

「映画の父」リュミエール兄弟によるプリミティブな映画を、現代の技術で個人が補正。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1895年にフランスで製作された映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」を、現代の技術で補正した4K動画がYouTubeで注目を集めています。フレームレートも60fps(秒間60コマ)でヌルヌル動く。

投稿主が個人で補正をかけた4K版
ベースとなった元動画。パブリックドメイン化を経て出回っているものと思われる

ラ・シオタ 120年以上前の映画がソースとは思えないほど鮮明

ラ・シオタ そして迫力

ラ・シオタ 行き交う人々もクリアに映し出されている

 同作は「映画の父」と呼ばれるリュミエール兄弟が監督した、50秒のドキュメンタリーフィルム。これをDenis Shiryaevさんは、補正ツール「Topaz Gigapixel AI」で高解像度化し、フレーム補完ソフト「DAIN」でフレームレートを向上と、AI技術を用いたソフトで再編集しました。個人でこれだけのことができるとは。


ラ・シオタ ビフォー・アフターの比較映像も(動画の1分2秒ごろ)。右半分がビフォー、左半分がアフター

AIを用いて着色したバージョンも公開されています

 コメント欄では「120年で世界が大きく変わった」「古い資料映像の復元に希望が持てる」などの賛辞が多数。Denisさんは「私はGithubで公開されているアルゴリズムを利用すれば誰でもできることをしただけ。功績はそれらを公開し人類に貢献している開発者にある」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響