ニュース
» 2020年02月07日 08時00分 公開

「動画視聴中のCM」「動画を覆う広告」など、Chromeで規制へ

基準を守らない邪魔な広告を繰り返し表示するWebサイトでの広告表示を停止するとしています。

[ねとらぼ]

 Googleは2020年8月5日から、動画視聴の最中に表示されるCMなど、ユーザーの動画視聴を妨げる広告をChromeで規制すると発表しました

規制対象の広告(「Better Ads Standards」から)

 これまでChromeは、業界団体Coalition for Better Adsが定めた広告基準「Better Ads Standards」に沿って、ポップアップ広告、画面に表示され続ける大きな広告などを規制してきました。

 同団体はこのほど、8分以内の動画に表示される広告について、ユーザーへの調査をもとに新たな基準を設けました。基準に満たない次の3種の広告について、4カ月以内に表示をやめるようにWebサイトオーナーに呼びかけています。

  • 動画視聴中に表示される動画広告
  • 動画再生開始時に表示される動画広告で、31秒を超え、5秒以内にスキップできないもの
  • 動画再生中に表示される文字または画像の広告で、再生画面の中央部分の3分の1を占める、あるいはコンテンツの20%以上を覆うもの

 Googleの発表はこの新基準を受けてのもので、これらの邪魔な広告を繰り返し表示するWebサイトでの広告表示を全て停止するとしています。それに合わせてYouTubeも含めた広告プラットフォームの製品プランをアップデートすると述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.