ニュース
» 2020年02月07日 15時40分 公開

激レアカード「ブラックロータス」が650万円で売却→誤って別カードが渡されてしまうドタバタ劇が発生 店側に状況聞いた

無事購入者の手に渡って良かった。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の激レアカード「Black Lotus α(ブラックロータス アルファ)」が2月4日に東京・秋葉原のカードショップに出品され、そのすぐ翌日に売却されてカードゲーマーやネット民をざわつかせました。



 おまけに、売却時に店員が誤って類似カードの「Black Lotus β(ブラックロータス ベータ)」を手渡してしまうハプニングも発生。購入者がTwitter上で商品交換までの経緯を投稿したため、その行く末も含めて話題になりました。カードは6日朝に無事交換対応され、店側は公式Twitter上で謝罪文を掲載しています。

 ねとらぼでは一連の状況について、カードを販売したBIGMAGIC秋葉原店の店長に話を聞きました。



 Black Lotusは過去に約1800万円で落札されたこともある、名実ともに超貴重なカード。中でも最初期に生産された「α」版は希少価値が高いことで知られ、市場価値は100万円をくだらないと言われるほど。

 その知名度は「マジック:ザ・ギャザリング」界にとどまらず、最近では別のカードゲーム「デュエル・マスターズ」の新パックに同名カードが友情出演(?)し、話題になったばかりでもありました。


カードは謝罪の上交換済み

――相場が分からないのですが、650万円のカードが売れるのはやはり珍しいのでしょうか?

店長:そうですね、100万円を超えるカードは当店にも2枚しかございません。その内の1枚が今回ご購入いただいたBlack Lotus αでした。高額になるのはそれだけグレードが高い(保存状態が良い)もので、1000万円を超えるものはさらに状態が良いものになります。今回売れたBlack Lotusのグレードは10段階で「7」になりまして、最高の「10」になると、もうこの世に存在するのかしないのか……というくらいレアです(※海外オークションで落札された約1800万円のBlack Lotusのグレードは「9.5」)。

――誤ってBlack Lotus βを販売してしまったと気付いた際のことを聞かせてください。

店長:購入者さまがツイートされているのを拝見し、その夜のうちにTwitterのDMでコンタクトを取らせていただきました。夜間で店の者も退店済みで状況が確認できなかったため、朝のうちに在庫を確認し、お客さまが来店された際に双方で内容を再確認し、謝罪させていただいた上で交換対応いたしました。


――ちなみに返品された「β」の金額も教えてください。

店長:ご返品いただいたBlack Lotus βもグレードは「7」で、価格は350万円になります。




 ネット上の注目を大いに集めた販売劇でしたが、カードが無事購入者の手に渡ってなによりでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.