ニュース
» 2020年02月07日 20時00分 公開

「ヒミチュノヤエバ」って何のこと……? 保育園で耳にした「あるもの」が気になる2歳児とお母さんの会話にほのぼの

ひみつのアッコちゃんの……八重歯?

[ねとらぼ]

 保育園から帰るとき、息子に「オカーシャン ヒミチュノヤエバ」と言われたら、あなたは何を思い浮かべますか? Twitterユーザーのmauさんは、もうすぐ3歳になる息子のRくんとのくすっとくるエピソードを公開しています。

 保育園からの帰り道、自転車のチャイルドシートに座ったRくんから「オカーシャン ヒミチュノヤエバ」と話しかけられたmauさん。

ヒミチュノヤエバ

 「ひみつの八重歯?なんのことだろう?」……mauさんの頭の中には、八重歯がきらめく「ひみつのアッコちゃん」が浮かびます。

 質問の答えを出せないmauさんに、Rくんからは「オカーシャン チメチュノヤイバ」と催促が。あれ……? ヤエバじゃなくて、ヤイバ……?

ヒミチュノヤエバ

 これを聞き、「アッ 鬼滅の刃のこと!?」とひらめくmauさん。「保育園でもはやってるの?」とRくんに問いかけます。

ヒミチュノヤエバ

 しかし、「鬼滅の刃」を知らないRくんは、「シメチュノヤエバッテ ナーニ?」と質問を続けます。正解に近づいたかと思われたものの、また「ヤエバ」に戻ってしまった質問に、mauさんは「何だろう……」と、つい失われた八重歯に思いを巡らせるのでした。

ヒミチュノヤエバ

 鬼滅の刃は、現在週刊少年ジャンプで連載中の漫画。あまりの人気に、単行本が全巻にわたって売り切れていることも話題となりました。漫画だけでなく、アニメも放映していたとはいえ、2歳児も名前を知っているとすれば、さすが! と言わざるを得ませんね。

画像提供:mauさん(@lrigteen



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐