ニュース
» 2020年02月08日 19時30分 公開

「なぜか主人公だけ見逃す敵」「何か察したけど説明はしない」―― マンガやアニメで「モヤッとする展開」をまとめた画像に同意しかない

「今から会えるか!?」→大体会えない。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 マンガやアニメでよく見かける描写にツッコミを入れた作品が、Twitterで話題になっています。確かに「いや、もうちょっとあるだろ!」って言いたくなる時、あるわ〜。



photo どれも一度は見たことがある描写ばかり

 1つ目の描写が「雑な忠告」。詳しい理由があれば警戒するのですが、どの忠告も一言二言なため、イマイチ良くわかりません。コメントのように「忠告する気があるなら聞き入れられるように話してくれ〜」と嘆きたくなります。


photo 忠告するならもっと詳しく言って欲しい……!

 2つ目が「なぜか主人公だけ見逃す敵」。さっきまで他のキャラクターを殺していたのに、なぜか主人公だけ手を出さないというのは、確かによく見かけます。


photo 急に寛容になってくれる敵キャラクターとかいるいる

 ジャーナリストや情報屋のキャラクターにありがちなのが「真相に気付いた直後に殺される」という展開。いかにもヤバそうに「今から会えるか!?」と相手をせき立てますが、電話を切ると即殺されてしまう場合もしばしば。見ている側としては「結論だけ言って〜」という気分になります。


photo 電話中に襲われる場合も

 そして最後が「何か察したけど説明はしない」。事件が起こると、何かわかったような雰囲気を出しますが「確証がまだない」と言って、話そうとはしません。しかし、むしろ「仮説でもいいから話してくれ〜」と思います。大体、その推測は正しいですしね……。


photo 「みんなで一緒に検討しよう〜」という意見には頷かざるを得ない……

 作者はtank(@tankoekaki)さん。どれもあるあるな展開だけに、ツイートが投稿されると「わかる」「見覚えがあるわー」といった声が相次ぎました。またtankさんのもっともなツッコミに共感する声も寄せられています。



画像提供:tank(@tankoekaki)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響