レビュー
» 2020年02月10日 18時00分 公開

最長5時間! 毎日長電話をかけてくるママ友に悩む相談者。しかし本音は“切りたくない”? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

相談者は「優しい」? それとも……。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは2月6日(木)放送の柴田理恵パーソナリティー回。

 子どもが小学生だった頃からのママ友が、鬼のように電話をかけてくるという相談。

テレフォン人生相談 「テレフォン人生相談」先週のハイライト。“ママ友”のお悩みですが……

久しぶりに電話がかかってきたと思ったら5時間の長話

 相談者はバツイチの57歳女性。長男は29歳。問題のママ友は50歳。

 そのママ友とは長いこと(約6年間)ご無沙汰していたというが、10カ月前に突然電話がかかってきて、自分のことや、相談者は会ったこともないご近所の人たち(現在、ママ友は離れたところに住んでいるようだ)との交友関係を延々と話し出した。

 「その後も毎日かかって来てしまいまして、お電話が。で、同じ話の繰り返しなんですね」

 「優しい方ですねぇ、アナタは」

 「えへっ(笑)、そうですか?」

 「そんなの出なきゃいいじゃない」

 ママ友は、姑や舅との折り合いの悪さが原因で離婚をしており、その頃から精神的バランスを崩していたようだ。

 「電話ってどれくらいするんですか、時間」

 「長いときで最長5時間でした」

 「5時間!?」

 夜の11時にかかってきて明け方まで延々しゃべり続けていたんだとか。短い時でも2〜3時間は話しているということで、確かにそれに付き合うのはしんどそうだ。

 「で、彼女自身ちょっと実はあの……うつ病を患ってまして。それで、どのように接していいのかっていうことで悩んで……」

テレフォン人生相談

問題がある人を見て安心している?

 この日の回答者は弁護士の大迫恵美子。弁護士に相談する内容か? とも思ったが、大迫節とでも言うべきキツ〜いアドバイスが炸裂(さくれつ)した。

 「相手の方のことも気になるんですけどね。片方ではね、アナタのことも気になるんですよ」

 「はあ」

 「アナタ自身は、なにか病気にかかってるってことはないんですか?」

 「心のですか? 心の病気というか……。心配症っていうのはありますけど、あとはこう、優柔不断っていう(笑)。まあ自分の消極性ですかね、そんなところでしょうか?」

 相談者は色々言ってはいるものの、ママ友の問題を解決してあげたいのか? それとも、ママ友からの電話を拒否できない自分の性格をどうにかしたいのか? その辺がよく分からないと指摘する。

 「自分がその、彼女に対してしてあげられることがないから、やっぱり話を聞くだけになってしまうという。それの繰り返しになっちゃうのかなって自分の中で思っていて。ホントはイヤだっていう気持ちも、心の中には渦巻いておりまして……」

 「あのね、どうしてそれをね。『イヤだって思ってます』っていうことをおっしゃらないの?」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」