ニュース
» 2020年02月11日 13時40分 公開

ザクご飯にズゴックカレーだと!? お母さんの作ったシャア専用夕飯が3杯はいけそう

ご飯をマグロの赤身で包んで作ったシャアザクヘッドと、ソーセージ等を組み合わせたシャアズゴ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 シャア専用ザクの頭をかたどった、ある家庭の夕飯がすごいのひと言です。ご飯を芯にマグロを貼り付けて、あの赤いやつを再現!


シャアザク マグロのサク2つ分から切り出したザク。ランチョンマットやマグカップもシャア仕様です

シャアザク アシが3倍速いかもしれないので早めに食べよう

 投稿主の「千葉県のゴールドスモー」(@Chiba_SUMO)さんは、一家そろってガンダム好き。特に親がシャア好きだそうで、シャアザクご飯はお母さんが節分の日に、恵方巻きの予定を変更して作ったのだそうです。立てるのが大変そうなツノは、ニンジンを芯にして再現。アイデアも技術もすばらしい。


 ツイートは「これは通常の3倍おいしいはず」「ガンダムカフェかと思った」「3倍のコストと3倍の手間暇と3倍の愛情」などと大好評。お母さんは評判を聞いてとても喜び、数日後にシャア専用ズゴックカレーを作りました。ソーセージを組み合わせて作ったズゴックをカレーに載せて、水中からの出現を表現するとは、演出まで完璧なお母さんに頭が下がるばかりです。


シャア ザバァ

シャア 種類の違うソーセージを組み合わせて再現。ツメはカマボコだそうです

画像提供:千葉県のゴールドスモー(@Chiba_SUMO)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響