ニュース
» 2020年02月11日 17時20分 公開

2万ドルのアート作品が粉々に壊れてしまう事故 美術評論家の行動に非難集まる

評論家は作品を批判するために、すぐ近くにソーダ缶を置いて撮影していました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 メキシコのアートギャラリーで、展示されていたアート作品が粉々に砕け散る事故がありました。ギャラリーはその原因になった美術評論家を非難し、作品には2万ドル(約220万円)の価値があることを伝えています。


2万ドルのアート作品が事故で粉々に 美術評論家に非難 壊れた作品(画像はInstagramより)

 壊れたのはガブリエル・リコ氏によるインスタレーション作品で、テニスボールやサッカーボールといった人工物と鳥の羽や石といった自然の物を対比してつるしていました。

 美術評論家アヴェリーナ・レスパー氏は事故発生時、作品を批判するために作品近くに空のソーダ缶を置き、写真を撮っていたとされています。レスパー氏のガイド付きツアーに参加していた人物が、その様子を撮影した画像を投稿していました。



 ギャラリーOMRはInstagram公式アカウントで、作品が壊れたのは事故ではあるものの、同氏がとった行動は専門家として尊敬を欠いたふるまいだと非難しました。



 海外メディアによると、同氏は、壊れた作品をそのままにして「進化」を表現することを提案したものの、ギャラリーが拒否したため修復を申し出たといいます。ギャラリーは、作者のリコ氏がヴェネツィア・ビエンナーレなどで作品を展示する人気なアーティストであることに言及し、今後の対応について検討するとしています。


2万ドルのアート作品が事故で粉々に 美術評論家に非難 壊れる前の様子(画像はInstagramより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響