ニュース
» 2020年02月12日 17時05分 公開

日産、ゴーン被告に100億円の支払い求め提訴 「長年にわたる不正行為により発生した損害」の賠償請求

“損害額”はさらに増える可能性。

[ねとらぼ]

 日産自動車は2月12日、前会長で国外逃亡したカルロス・ゴーン被告に対し、100億円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こしたと発表しました。「長年にわたる元会長による不正行為により発生した損害を取り戻すべく」提訴したと説明しています。

フォト カルロス・ゴーン被告(YouTubeに19年4月に投稿した動画メッセージより)

 日産はゴーン被告に賠償を求める損害について、

賠償を求める損害は、同氏の役員報酬の虚偽記載に関わる金融商品取引法違反、同氏の取締役としての善管注意義務違反、および会社の資金および資産の私的流用による損害に関するもの

──と説明。請求額は「長年にわたるゴーン氏の不正行為により発生した支出をもとに算定」したとしており、具体的には、

  • 9月9日の社内調査結果に係る当社のリリースで発表したゴーン氏の不正行為(CEOリザーブによる不正支出、海外の住居の無償使用、姉に対する支払い、レバノンの教育機関への寄付、レバノンの弁護士への支払い、コーポレートジェットの私的利用等)に関する支払い
  • 同氏による不正行為に関する内部調査に要したリソース
  • 日本、米国、オランダおよびその他地域で発生した当局調査対応等の費用

──を挙げています。

 また今後、金融庁への課徴金の支払いや刑事手続で課される可能性のある罰金などで損害額は増える見込みだとしています。

 日産のゴーン被告に対する訴訟は、豪華ヨットの帰属と賠償を求めた民事訴訟(英領バージン諸島で19年8月30日に提訴)に続くもの。日産はゴーン被告の国外逃亡を受け、「元会長に対する損害賠償請求等、責任追及の動きを強化しております」とコメントしています。

 また、ゴーン被告が国外逃亡後にメディアに向けて語った内容について、「メディアに対して行った根拠のない名誉を毀損する発言について、別途、法的手続をとる権利を留保します」と、今後の法的措置の可能性を示唆しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」