ニュース
» 2020年02月12日 17時43分 公開

楽天の三木谷社長「弊社が一方的に儲ける話ではない」 立ち入り検査後にツイート

「日本の地方の小売店が生き残っていく為には、アマゾンに勝たなくてはいけない」。

[ねとらぼ]

 「楽天市場」での“送料無料化”を巡り、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで楽天の調査に着手した問題で、楽天の三木谷浩史会長兼社長は、公取委が立ち入り検査した翌日の2月11日、「わかり易い送料はお客様のニーズ、消費者保護の観点、店舗流通の維持成長のためにはこれしかないと思ってやっています」と、あらためて考えを説明するツイートを投稿しました。

フォト 楽天は3月18日に“送料無料化”を導入する計画

 三木谷氏は続けて、楽天が多額の投資をして物流サポートもしているとした上で、「『店舗救済の為に、何ができるのか検討します』が、弊社が一方的に儲(もう)ける話ではないという事は当局も理解してもらいたいです」と記しています。

 同じ日の別のツイートでは、「日本の地方の小売店が生き残っていく為には、アマゾンに勝たなくてはいけない。楽天は店舗さん達だけに負担のしわ寄せをするつもりは全くなく2000億円物流に投資実行中」と投稿。「アマゾンと楽天では、税金もこんなに差がある」として、アマゾンジャパンの納税額が低いことを説明した記事のリンクを添えています。

 この問題では、楽天が楽天市場での3980円(税込)以上の注文で送料を無料にする「共通の送料無料ライン施策」を打ち出したのに対し、送料を負担することになる店舗側が反発。公取委は、事業者がその地位を利用して取引相手に不当に不利益を与える「優越的地位の乱用」に当たる可能性があるとして、2月10日に楽天に対し立ち入り検査しました(関連記事)。

 楽天は「法令上の問題はないものと考えている」としており、3月18日から同施策を導入する方針です。

フォト 楽天の株価推移(Yahoo!ファイナンス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」